• >
  • ウェディングドレスを選ぶのはいつから?

ウェディングドレス関連トピックス

ウェディングドレスを選ぶのはいつから?

2人の気持ちが決まり、お互いの両親に報告をしたら、次は結婚式場の予約です。最近では希望の日時を抑えるためには1年前から予約しなければならないところもあるようです。結婚式の準備は当日の日時から逆算しながら始めていきますので、まずは式の日取りを決めなければなりません。結婚式の会場が決まって初めてウェディングドレスを始めその他の準備を始めることができるようになるので、まずは結婚式場を決めることが大切なのです。

遅くとも半年前までにはウェディングドレスを選び始めよう

半年前というとまだまだ日にちはあるように思えますが、大抵の新郎新婦は仕事をしていますので、ドレス選びにかけられる時間は休みの日ということになるでしょう。その中で二人の予定が合う休日というと数えるほどしかないうえ、全てをドレス選びに費やせるとも限りませんでしょうから、選ぶ時期として早すぎることはありません。

特に結婚と同時に新居を探すとなると、こちらも休日返上で探すようになるでしょう。このように結婚式及び結婚に関するものには決めなければならないことが沢山あります。ウェディングドレスも1件目のお店ですぐに気に入ったものが見つかればいいのですが、実際には何件も何回も足を運んで選ぶ人がほとんどですから早くから始めるのがよいでしょう。

ウェディングドレス選びは何から始めれば良い?

まずはどこでウェディングドレスを選ぶのかを決めます。結婚式をホテルで挙げるのであれば、ホテルに衣裳室があります。ホテルの式場にあった格式高いドレスがあるのではないでしょうか。また、結婚式場でしたら定期的にブライダルフェアが開かれ、そこでは衣裳や食事など結婚式についての展示があります。

ウェディングドレスの試着会も開かれ、数多くのドレスからお気に入りを選ぶことができます。また、式場と提携しているドレスショップを紹介されますので、そちらを見てみるのもいいでしょう。ドレスの試着は予約が必要なところが多いので、日にちが決まったら予約を入れましょう。中には予約が不要なお店もありますが、先客がいた時に待たされる場合がありますので、やはり予約は入れておいた方がいいでしょう。

挙式の2~3か月前までにウェディングドレスを決める

一般に挙式2~3か月前までにはウェディングドレスを決めた方がよいと言われています。ドレスのサイズ直しをするのならこれくらいの時間の余裕が必要ですし、最近では挙式の前に写真の前撮りをするためです。また、3か月前あたりから式についての具体的な打ち合わせが始まり、結婚式の準備が本格的に始まるためウェディングドレス選びに時間をかけることができなくなるからです。

また、ウェディングドレスと合わせて選んでおかなければならないのが、新郎のタキシードです。タキシードは主にドレスに合わせて選ぶことが多いので、ウェディングドレスが決まらなければ新郎の衣装も決められません。また、新婦のブーケやティアラ、ジュエリーなどの小物もドレスに合わせるので同様です。

まとめ

結婚式の中でもウェディングドレスはとても大切な要素です。新婦らしさが一番だせる場所でもあるでしょう。一生に一度の結婚式ですから、お気に入りの一着を着たいと誰でも思うはずです。そのためには、やはり早めの準備が大切です。結婚式に近くなればなるほど忙しくなりドレス選びの時間がなくなるので、式場の予約を済ませたらまずドレス探しを始めましょう。ウェディングドレスを選ぶ時期とは、式場を決めたその日からなのです。