• >
  • 2018年流行のウェディングドレスは?
       

ウェディング関連コラム

2018年流行のウェディングドレスは?

2018年の最新トレンドのウェディングドレス。様々なブランドによるデザイナー達が仕上げたウェディングドレス選びは、どんなドレスがいいのか迷いますよね。テーマ別にくるみボタンが付いたシンプルドレスや、ペプラムドレス、ヴィンテージドレスをご紹介します。ウェディングドレス選びの参考にしてみて下さい。

くるみボタンのシンプルドレス

くるみボタンとは木製や金属のボタンを、好みの布や編み地で包み込んでアレンジして作り上げられたボタンの事です。世界で有名なスペインが誇るドレスブランド、ラスポーザのドレスには2018年のトレンドでは欠かせないバックスタイルを美しく見せてくれるタトゥーレースに、上品に見せてくれるくるみボタンを使ったマーメイドラインのウェディングドレスがあります。

また、最新のコレクションを発表した事や、トレンドに先駆けたドレスなどが人気の最高級ブランド、プロノビアスの姉妹ブランドとしても知られています。洗練されたクラシックをブランドテーマにしたラトリエマリアージュのウェディングドレスでは、プリンセスラインのシンプルなドレスに存在感抜群のロングトレーンの裾にまで続くくるみボタンがあしらわれ、シンプルなのに可愛らしさを演出してくれるデザインになっています。

ペプラムドレス

ペプラムとは、腰の部分から裾にかけて広がっているデザインのことを言います。ウェストを細く見せてくれるペプラムウェディングドレスはスタイルカバーとしても人気で、2018年のトレンドアイテムとして「ペプラムトップス」としても流行しました。

ウェディングドレスではAラインのドレスやプリンセルライン、マーメイドラインには腰から広がるレースやチュールを可愛く演出してくれるため、取り入れているデザインが多くあります。JILLSTUARTやカンタベッラ、エム/YumiKatsuraなどの有名なブランドでも多くデザインに取り入れられています。どんなラインのドレスにも似合うため、2018年のトレンドだけでなく、体形カバーとしても人気のドレスになっています。

ヴィンテージウェディングドレス

ヴィンテージドレスには淡い色合いを使ったウェディングドレスや、レースや刺繍を使ったデザインのドレスが多くあります。ヴィンテージドレスは、女神のような貴婦人のようなデザインが多いのが特徴的で人気もあるため、2018年のトレンドだけでなくいつの時代にも愛されているのが、ヴィンテージウェディングドレスになっています。シンプルなのにエレガントなドレスとして、世界で有名な高級ブランド、デルフィーヌ・マニヴェのドレスには七分丈の露出を抑えたビショップスリーブのドレスが人気です。

透明感のあるシルク素材を使っているため、フェミニンな印象や、花嫁に柔らかく優しいイメージを出してくれます。2018年のトレンドとして、ヴィンテージ風やアンティーク風なウェディングドレスが数多くデザインされていますが、50年以上も前の本物のドレスを販売しているお店もあるため、ヴィンテージファンの方にはおススメです。

まとめ

2018年のトレンド、くるみボタンを使ったシンプルなウェディングドレスや、ペプラムドレス、ヴィンテージウェディングドレスをテーマにしてきましたが、いかがでしたでしょうか?どのデザインもドレスだけではなく花嫁を綺麗に華やかに演出してくれるデザインばかりですね。流行やトレンドを取り入れたウェディングドレスを選べば、結婚式がより思い出に残るものになること間違い無しですね。