• >
  • 長身花嫁のウェディングドレス選び
       

ウェディング関連コラム

長身花嫁のウェディングドレス選び

長身花嫁がウェディングドレスを選ぶ時、着丈の長さや新郎との身長バランスなど様々なことで悩んでいる人が多くいらっしゃいます。今回は、長身花嫁のスタイルの良さを生かすドレス選びのポイントと、デザインについてまとめてみました。晴れ舞台を美しく演出する為に、お気に入りのドレスを見つけてください。

長身花嫁がウェディングドレス選びで悩む理由

長身女性の場合、結婚式で並んで歩く新郎や実父と身長差がほとんど無かったり、むしろ花嫁の方が背が高いということもありますよね。新郎新婦が並んだ時の身長差は10cmが理想とされていて、通常ウェディングドレスを着る際には7cm~12cm程度のヒールを履くことが多いです。

ヒールを履くことでスタイルを良く見せたり、小顔に見せたり、猫背を矯正してくれたりと花嫁にとっては良い効果がたくさんありますが、高身長花嫁の場合、ヒールを履いてしまうと新郎や実父とのバランスが悪くなってしまうということも。

また、自分用に作られていないようなレンタルドレスの場合、ヒールを履いてしまうと着丈が足りなくなって、花嫁の足元が見えてしまうことから高いヒールが履けなかったり、そもそもヒールのある靴が全く履けないということがあります。

長身花嫁のウェディングドレス選びのポイント

長身花嫁さんのウェディングドレス選びは、数少ないパターンの中から選ばなければならないから選択肢が少なくて難しそうと思ってはいませんか。長身花嫁さんでも選び方次第でお気に入りの1着に出会うことができるかもしれません。

まず、国内ブランドだとどうしても身長160cm程度の女性向けにデザインされたものが多いので、海外ブランドに目を向けてみましょう。海外ブランドであれば身長も高めに設定されていますので高身長の花嫁がヒールを履いても着こなせるデザインのものが多いです。

また、ウェディングドレスをレンタルでなく、サイズを自分に合わせて作ってもらえるオーダードレスにするのも手です。ヒールを履いた時のバランスを見ながら着丈を調整するのはもちろんのこと、ウェストやデザインなども自分好みに選ぶことができるので花嫁にオススメです。

長身花嫁におススメのウェディングドレスデザイン

高身長花嫁のスタイルを際立たせるのにうってつけのウェディングドレスのデザインとはどのようなものでしょうか。横に広がるAラインのドレスやプリンセスラインは高身長女性が着ると縦にも横にも大きく見えてしまうことがあります。

ほっそりと綺麗に見せるためには、横に広がるデザインよりも露出がやや多めでスレンダーなドレスが良いでしょう。例えば、マーメイドラインやスレンダーラインのデザインであれば、高身長のメリットを存分に生かしてスラッとして華奢な印象になります。

また、新郎との身長差を考慮してヒールを履かずにドレスを着る場合、脚長効果を狙ってウェストがしっかりと強調されたデザインを選ぶことをオススメします。胸の下に切り替えのあるデザインを選んだり、サッシュベルトを胸の下に巻いてアレンジしたりすることでヒールを履かなくても脚長効果を期待することができます。

まとめ

結婚式当日に花嫁さんを輝かせてくれるウェディングドレス選びはとても重要ですよね。長身の花嫁さんはスラっとしていて綺麗なイメージがありますが、高身長花嫁ならではのドレス選びのお悩みもあります。

そんな悩みを解決する為の、ウェディングドレスの選び方のポイントと長身花嫁に似合うデザインがあります。様々なデザインやパターンのドレスがありますが高身長の花嫁さんのスタイルの良さを十分にアピールできる最高の1着に出会えると良いですね。