• >
  • 国内ブランドの人気のウェディングドレスを紹介
       

ウェディング関連コラム

国内ブランドの人気のウェディングドレスを紹介

結婚式でウェディングドレスを着ることは海外発祥の文化ですが、今や大半の花嫁がウェディングドレスで挙式をしています。日本国内にもウェディングドレスのブランドは多数ありますが、今回は老舗の名門ブランドから比較的新しく斬新なデザインが特徴のブランドまでご紹介させていただきます。あなたにピッタリの1着を見つけてくださいね。

YUMI KATSURAの特徴

国内ウェディングドレスブランドの代表格といえば「YUMI KATSURA」です。デザイナーは日本の花嫁なら誰もが知る桂由美。1964年に創立し54年の歴史をもつ老舗のブランドです。YUMI KATSURAを創業した当時の日本では結婚式は和装が9割の状況でした。そのような状況のなか、YUMI KATSURAは日本で初めてウェディングドレスの販売をスタートし、それまでの日本の結婚式のあり方を180度変えた老舗ブランドです。

これまで、北川景子、小林麻央、安めぐみ、小池栄子など名だたる日本の有名人が結婚式という晴れの舞台にYUMI KATSURAのウェディングドレスを選んできました。

YUMI KATSURAのドレスは身体に優しくフィットし、着心地の良さとシルエットの綺麗さを両方叶える立体裁断が特徴です。また、ドレスの素材に関しても最高級のものを使っているので、近くで見た参列者にも感動を与えるでしょう。

EMarie(エマリーエ)の特徴

エマリーエは1988年に創業した日本のファッションブランドです。デザイナーはアメリカでファッションを学んだエマ理永。ファッションに数学的な要素を取り入れ、女性のボディラインが最も綺麗に見えるよう計算して作られたウェディングドレスは、シルエットが綺麗で日本の花嫁の憧れです。

レンタルがメインの日本のウェディングドレス界において、エマリーエからはオーダーメイドドレスも多く販売されています。そして、テレビドラマ「やまとなでしこ」「花より男子リターンズ」、映画「花より男子ファイナル」のヒロインも劇中で着用していることからも有名になりました。

エマリーエのドレスは斬新かつエレガントなデザインが特徴です。ボディラインに優しくフィットし綺麗なシルエットを作り出します。特に上品で女性らいしいヘップバーンドレスはエマリーエの代表作。是非チェックしてみてください。

Hisako Takayamaの特徴

Hisako Takayamaは2004年に創業したブランドです。Hisako Takayamaのウェディングドレスは1点ずつオーダーメイドで作られていて、その特徴は裁断から仕上げまで熟練の職人がハンドメイドで仕立てていくことです。その為、既製品では出会えなかった自分だけのドレスを手に入れることができるのです。Hisako Takayamaノウェディングドレスは、自分の体型を計測してから作り始めますのでボディラインに沿った美しいスタイルのドレスが特徴です。

ヘアメイクやアクセサリーなどのトータルコーディネートの相談にも乗ってもらうことができますので、花嫁が最も綺麗な状態で結婚式当日を迎えることができます。また、フルオーダーだけでなく、サイズオーダーやレンタルも行っていますので自分に合った方法で理想のドレスを探しましょう。

まとめ

国内の有名なウェディングドレスブランドをご紹介しましたがいかがでしたか。日本人女性の体型を知り尽くした国内ブランドのウェディングドレスはボディラインに優しくフィットし、スタイルを綺麗に見せてくれます。最高品質の素材で、1点ずつ丁寧に作られたドレスは、近くで見ても遠くで見ても花嫁の存在感を存分にアピールできます。伝統のある日本の技術で作られた素敵なウェディングドレスを着て結婚式当日を迎えてみませんか。