• >
  • ぽっちゃりさんにも似合うウェディングドレスのポイント
       

ウェディング関連コラム

ぽっちゃりさんにも似合うウェディングドレスのポイント

ぽっちゃり体型と一言でいっても、「二の腕が気になる」「お腹の肉が…」「背中のラインが綺麗に見えない」など色々なお悩みがあると思います。でも、一生に一度の結婚式くらい自分が最も綺麗に見える状態で臨みたいものだと思います。どのようなドレスを選べばぽっちゃりさんが綺麗にドレスを着こなすことができるのか、ウェディングドレスのラインや、デザイン、カラーについてご紹介します。

Aラインをやプリンセスライン選ぶ

まず、ウェディングドレスのラインは、「スレンダーライン」「マーメイドライン」「プリンセスライン」「Aライン」「エンパイアライン」など様々あります。中でもぽっちゃり花嫁さんに最もオススメなのがAラインのドレスです。

Aラインドレスはウェスト位置よりも高い位置に切り替えがあり裾に向かって広がるデザインが特徴の王道ドレスです。お尻や腰、太もも部分については隠してくれるのでぽっちゃり体型をカバーしてくれます。また、縦の流れを作ってスラっとした体型に見せる効果があるのでぽっちゃりさんには特にオススメです。

次にオススメなのがプリンセスラインです。Aラインよりも下着のスカートのボリュームが多く、スカート部分にボリュームを持たせたこのデザインは下半身の体型をカバーしてくれるとともに、下半身とのギャップで上半身がすっきりコンパクトに見せる効果があります。

反対にオススメしないのはスレンダーラインやマーメイドライン。身体にフィットするデザインなのでぽっちゃり体型にはあまり向いていないかもしれません。

上半身がフィットしているデザインを選ぶ

ぽっちゃりさんは人によって色々な悩みがあると思いますが、上半身にはあまり悩みが無く、太ももやお尻などが大きくて悩んでいるというラフランス体型の花嫁さんには、上半身は身体にフィットして下半身は裾に向かって広がるタイプのドレスが似合うでしょう。上半身がコンパクトであれば、裾の広がる下半身とのメリハリが効いてすっきりと見せることができます。

また、上半身が気になるぽっちゃり花嫁さんにもオススメのデザインがあります。まず、多くの女性が悩む二の腕部分のたるみが気になる花嫁さんは、フレアタイプの袖やオフショルダーのドレスを選ぶようにしましょう。ボリュームのある袖が二の腕を細く見せてくれます。

胸が大きくて悩んでいる花嫁さんは案外多くいらっしゃいますが、胸の大きさを隠すためにハイネックドレスを選んだりすると首が詰まって見えることで、逆に太って見えてしまうことも。オフショルダーやハートカットのドレスがオススメです。

カラーは濃い色を選択

結婚式で着るウェディングドレスは「白」が一般的です。なぜ白なのかは諸説ありますが、1840年のロイヤルウェディングが発祥といわれています。ヴィクトリア女王が挙式した際、白いドレスを着たことから一般に広まっていったそうです。白は純白のイメージもありますし婚家に染まるという日本ならではの意味もあり、日本でも白のウェディングドレスが一般的になっています。

しかし、明るい色や白色は膨張色のため、どうしても太って見えてしまうことがあります。その為、ウェディングドレスのウェスト部分や胸下にネイビーやブルーのリボンなどを巻くとメリハリが出て細見え効果があります。

お色直しをする場合、カラードレスを選択する人が多いですが、カラードレスはぽっちゃりさんに似合うネイビー、紫、ブルー、赤などの濃い色を選べば引き締め効果も期待できます。

まとめ

ぽっちゃり花嫁のドレス選びについてご紹介させていただきましたがいかがでしたか。ダイエットを頑張るという花嫁さんもいらっしゃいますが、ドレスの選び方次第で、細見え効果を狙うこともできます。ぽっちゃりさんは、ドレスの選択肢が少ないと思われがちですがブランドにこだわらず、メリハリやデザインを意識しながら選ぶことで、ぽっちゃり花嫁さんに似合う素敵なドレスが見つかるでしょう。