• >
  • レストランウェディングの特徴と似合うウェディングドレスは?
       

ウェディング関連コラム

レストランウェディングの特徴と似合うウェディングドレスは?

自分たちの特別な日を祝うために、ゲストと一緒においしい食事やしあわせな雰囲気を楽しむ。そんな時間を過ごすことができるレストランウェディングは、一般的な会場よりも、少しカジュアルな要素があることが多いですよね。お祝いに来てくれる友達との会話を楽しんだり、ゲストとの近い距離感を楽しめたりと、素敵なことがたくさんあります。会場に合ったドレス選びを心がけて、特別な日を思いっきり楽しんじゃいましょう。

レストランウェディングの特徴

ひとむかし前には、結婚式場でのかっちりとした雰囲気の中行われるウェディングが主流でしたが、最近では、自由度の高いレストランを会場に選ぶカップルも増えています。2人の思い出のお店で行えたり、式場よりもコストを抑えられたりといったこともありますが、その最大の特徴は、やはり主役であるカップルとゲストの距離感にあるのではないでしょうか。

少し固いイメージのあるかしこまった式場とは違い、カジュアルに楽しむことも可能ですし、手作り感のあるウェディングができることもポイントですよね。そのため、通常の会場とは少し違う部分を意識したドレス選びが大切になります。

会場での動きやすさを重視したもの、より自分の個性や好みに合ったもの、レストランの雰囲気に合ったものなど、キーとなるポイントを押さえ、素敵なドレスを選んでくださいね。

レストランウェディングに似合うウェディングドレス

では、具体的にはどのようなドレスがいいのでしょうか?そんなに着飾らなくても、何となく白いワンピースなどでもいいんじゃないかなと考えている方もいるかもしれません。でもせっかくの特別なオケージョン。お祝いに来てくれるみなさんのためにも、やはり純白のドレスに身を包むことをおすすめします。

レストランウェディングでは、本格的なお料理も出ますし、どうしても会場内を歩き回る機会が多くなります。そのため、動きやすさを考えたドレス選びが一番のポイントとなるでしょう。憧れのシルエットなどへのこだわりもあるかと思いますが、ゲストにも気を使わせないような、ラインのすっきりしたもの、露出の少なめなもの、歩きやすい丈のものがおすすめです。

ぜひ、いろいろなデザインに目を向けて、自分に似合うぴったりのドレスを見つけてくださいね。

レストランウェディングに不向きのウェディングドレス

ひとくちにレストランとは言っても、それぞれの雰囲気も異なりますし、オープンエアだったり、ガーデンやテラス付きだったりと、会場によってもその特徴は大きく変わってくると思います。しかし、どんな会場にも共通して言えるのは、裾の長いもの、トレーンのあるもの、ボリュームのあるものなど、会場の中でカジュアルに動くことのできなくなってしまうドレスは避けるべきだということです。

主役である花嫁は、ただでさえ忙しくなってしまいがち。多くの友達がお祝いしてくれるせっかくの機会なのに、動きづらいドレスが原因となって、変にストレスがたまってしまうことのないよう、等身大のコーディネートができるように心がけましょう。また、ゲストとの距離感が近いのがレストランウェディングの特徴でもありますので、胸元の開きすぎたもの、足が露になるミニ丈のものは避けるなどの配慮も大切になります。

まとめ

レストランウェディングの会場によっては、ドレスの持ち込み料が発生したり、レンタルが可能だったりということもあるようです。また、結婚式場とは違い、きちんとした控室や更衣室がない場合もありますので、会場の細かいポイントまでをあらかじめ把握しておくと安心だと思います。そして、ドレス選びは、やはり最後には自分が納得がいくものであることが大切ですよね。一般の式場よりも少しカジュアルさを意識したものを選んで、ぜひ、2人の素敵な記念日にしてくださいね。