• >
  • ウェディングドレスに合似合うアクセサリーの選び方
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスに合似合うアクセサリーの選び方

ネックレスやイヤリングなど、アクセサリーによってドレスの印象は変わってきます。アクセサリー選びの条件として、コーディネートのバランスがとれ、ドレスの魅力を引き立ててくれる点が挙げられます。ヘアスタイルやドレスに合うアクセサリーなら顔まわりも綺麗に華やぎます。またネックレスなどはつけないほうがいい場合もあります。サイズや素材など、アクセサリーを選ぶ時のポイントをドレスの形状などに合わせてみていきましょう。

ネックレスの選び方

ウェディングドレスのデザインで似合うネックレスも変わってきます。特に胸元のラインによってネックレスの長さを選ぶとバランスが綺麗にとれます。Vネックのドレスであれば、Vネックに沿うような少し長めのものだとデコルテが綺麗に見えていいでしょう。華やかでゴージャスなタイプのネックレスも良く似合います。

ビスチェタイプであればプチネックのような短めのものを選ぶと良いでしょう。顔まわりが華やいで品の良いバランスになるため、おすすめです。このタイプにはパールタイプのシンプルなネックレスなども合います。

ハイネックのドレスの場合は首回りのドレス美しさを際立たせるために、ノーネックレスが推奨されています。特にレースなどの素材感が際立つデザインのハイネックの場合には、あえてネックレスをせずにシンプルに仕上げることで全体が綺麗にまとまります。

イヤリングの選び方

イヤリングやピアスはデザインが豊富なので、ドレスやヘアスタイル、ネックレスの素材などに合わせて選ぶことが出来ます。ネックレスとイヤリングの素材は合わせましょう。そうすることで自然と統一感が表現出来ます。ネックレスがパールであればイヤリングもパールを選ぶと雰囲気にもまとまりが出て、綺麗です。

ビスチェタイプのドレスで短めのネックレスの時やポニーテールやシニヨンなど、アップにしたヘアスタイルの時には、輝きのある長めのイヤリングが良く似合います。逆にネックレスが長めの場合やダウンスタイルの髪型の場合には下がらないタイプの小ぶりなイヤリングだとバランスが取れます。どちらもスワロフスキーなどの輝きのあるものだと存在感もしっかりアピールできて綺麗です。

ネックレスをつけていない場合には存在感のあるボリューミーなタイプのイヤリングで顔まわりに華やかさを出します。ドレスがシンプルな場合にはアクセサリーで華やかさをプラスすると、全体のバランスがとれます。

ブレスレットの選び方

ブレスレットはウェディングドレスドレスの袖が長い時やグローブをつける時などは、無理に付けることはありません。お色直しなどでグローブをつけない衣装の場合は、ネックレスやイヤリングと素材を合わせたものをつけるとバランスが取れて良いかもしれません。その際は、カラードレスの色に合わせたエレガンスなデザインを選びましょう。手元は指輪をつけるので、ブレスレットはあまり主張しないシンプルなもののほうが上品です。

存在感が控えめで上質な素材のプレスレットを選ぶと、指輪の輝きが際立ちます。カジュアルなガーデンウェディングの場合などには、自然を感じさせるリストブーケも可愛くておすすめです。手首につける小ぶりなブーケなので、動きやすさと可愛らしさの両面で人気のアイテムとなっています。ブレスレットは結婚式の形式や会場などによってプラスするとよいアイテムです。

まとめ

アクセサリー選びはドレス選びと同じくらいに重要です。アクセサリーによってドレスの美しさが際立ちより華やかに仕上がります。ネックレスもイヤリングもドレスやヘアスタイルに合わせて選ぶことが大切です。ティアラをつける場合なども合わせてコーディネートするようにしましょう。

ドレスに使われているビジューなどと素材を合わせたアクセサリーも素敵です。あらかじめドレスに合わせたデザインでセットになっているアクセサリーもあるので、ドレスと一緒に試着してみるといいでしょう。