• >
  • 結婚披露宴の種類をご紹介【場所編】
       

ウェディング関連コラム

結婚披露宴の種類をご紹介【場所編】

挙式と合わせて行うことが多いイベント、それが結婚披露宴です。披露宴とは挙式後にゲストと食事などをして過ごすパーティーを指します。結婚式を挙げる会場によって披露宴のスタイルにも違いがあります。自分たちがどこまでプランニングに関わるかなども会場によって違うので、スケジュールに合わせて式場も選ぶとスムーズでしょう。伝統的なホテルウェディングから、結婚式に特化した専用会場、さらに個性的な結婚式が魅力の自宅ウェディングまで、結婚披露宴の種類と特徴を確認していきましょう。

ホテルウェディング

結婚式のスタイルとして長く歴史があるのがホテルウェディングです。ホテルならではの行き届いたサービスや、ゲストへのおもてなしや配慮の面でも申し分ありません。式までの間に待機できるラウンジなどもあるので、ゲストが早めに着いてもホテル内で快適に過ごしてもらえます。挙式はもちろん、料理やサービスといった様々な面で満足のいく披露宴を催せます。

ホテルウェディングであれば世代を問わずゲストが安心して参加出来るでしょう。当然、宿泊先としても利用できるため、遠方からのゲストへの宿泊先の手配も心配ありません。挙式はホテル内のチャペルで行うことが多く、披露宴会場への移動もスムーズです。挙式のスタイルやパーティーの形式など様々なプランがあり、予算や人数に合わせたチョイスが可能です。旅行を兼ねたリゾートホテルでのウェディングも人気です。

結婚式場ウェディング

結婚式場ウェディングとは、結婚式専用の式場で行うウェディングのことです。結婚式場には挙式のタイプに対応した本格的なチャペルや神前式用の神殿などがあり、様々なスタイルの結婚式のニーズに対応しています。披露宴会場を併設している場合が多く、挙式から披露宴まで合わせて相談できます。スタッフは結婚式専門のプロなので、細やかな希望にも対応してくれます。

魅力的なロケーションに造られていることが多く、オーシャンビューや日本庭園など希望の会場が見つけられます。ブライダルフェアを行っているところが多く、週末に見学なども可能です。人気の会場を希望する場合はスケジュールを押さえられない可能性もあるので、早めに準備をしたほうがいいでしょう。結婚式場であれば理想のウェディングをプランニングしてくれるので、他にはない自分たちだけの結婚式が出来るでしょう。

自宅ウェディング

自宅で挙げるウェディングというとあまり馴染みがないかもしれません。しかし昔は花嫁と家族が嫁ぎ先の家まで行き、そこで婚礼をあげるというのは珍しいことではありませんでした。結婚式は祝言と呼ばれていました。現在は昔のように形式的なルールはなく、二人らしい雰囲気が伝わる自宅でのアットホームなスタイルの結婚式となっています。

カジュアルな自宅ウェディングならではで、ドレスコードをデニムにしたり、二人の趣味が伝わる楽しさいっぱいのデコレーションにしたり、また新郎新婦がゲストに手料理をふるまったりと、おしゃれでナチュラルな自宅ウェディングを挙げるカップルも増えています。自宅の庭を会場にしたガーデンパーティーも家族や仲間とリラックスして過ごせるオリジナルな結婚式になるでしょう。一味違うこだわりの結婚式が出来ます。

まとめ

現在では結婚式の形式は多様化して、より自由なスタイルの挙式のニーズも高くなってきています。一方でラグジュアリーなホテルウェディングやロケーションにもこだわった結婚式場での挙式も人気があり、好みによって選ぶことが出来ます。

場所や挙式の種類、パーティーの形式などでオリジナリティを出せるプランも多くなっています。どんな結婚式にしたいかしっかり話し合い、二人にとってもゲストにとっても一生の思い出となるような結婚式を目指しましょう。