• >
  • 30代の花嫁に似合うウェディングドレスとは?
       

ウェディング関連コラム

30代の花嫁に似合うウェディングドレスとは?

数十年前までは20代で結婚・出産を経験する女性も多くいましたが、世界的に見ても晩婚化が進み、初婚が30代と言うのも珍しくなくなりました。しかしウェディングドレスはまだまだかわいらしい雰囲気のものが多く「この年齢には合わないのでは?」と疑問に思うケースもあります。30代で結婚式を挙げる場合、どの様なドレスを選ぶべきでしょうか?またおすすめのデザインや選び方のコツを知れば、自分に合ったウェディングドレスを着る事が出来ます。

30代のウェディングドレスの選び方は綺麗に見えるデザイン!

どんなに魅力的なドレスでも、アナタの体型に合っていなければ意味がありません。カタログに目を通すのも良いですが、まずは自分の体型を知る事から始めましょう。20代後半から30代に差し掛かると自分の肌や体型に変化が訪れます。ひざや二の腕に脂肪がつきやすくなったり、肌がくすんで見えてしまうので原色系の色が似合わなくなったりします。筋力の衰えで代謝が低くなり、脂肪がつきやすくたるみが生じてしまうのもこの時期です。実際に自分のサイズを測り、しっかりと現実を見た上でアナタの体型に似合うドレスを見つけましょう。どうしても好みを優先してしまう、自分の体型を客観的に見られないと言う場合はプランナーに相談して一緒に決めるのもベストです。その際には、まず自分のサイズを測り、プランナーにこのサイズに合うドレスについて確認してみましょう。

30代のウェディングドレスの選び方は綺麗に見えるデザイン!

ウェディングドレスを着る際に、二の腕や背中が露出してしまうのですがそれを恥ずかしいと思ってはいけません。30代になるとどうしてもシミやシワが出てくるものですが、あえて隠さずにいくのも一つの手段ですし視線が分散されるので目立たなくなります。とは言ってもやみくもに露出していては下品なので、あくまでも上品で洗練されたドレスを選択しましょう。素材にこだわって合えてシンプルなウェディングドレスや、落ち着いた色で選ぶのも良いでしょう。色と形のバランスを取って派手な色ならシンプルなデザイン、反対に落ち着いた色ならデザインを派手にすると統一感が出てより魅力的になります。体型の崩れが気になる方はパフスリーブなどでふんわりとしたイメージを演出すると気になりません。コンプレックスをうまくカバーし、アナタの魅力を昇華させる事が重要です。

30代におすすめのウェディンドレスデザイン

自分に合ったウェディングドレスを選ぶ際、いくつかのアドバイスがあります。まず長身でスリムなタイプであれば大人っぽい印象のaラインや、マーメイドラインのシンプルがデザインであればよりシャープに見せてくれます。反対に背が低くぽっちゃりタイプは上半身をすっきりさせて、下半身はボリュームがある方がすっきりして見えます。他にも肌のくすみが気になるのならベールでうまく隠すのもおすすめですし、肌トラブルが多い方はVネックやボートネックであえて出してしまう事で目立ちません。色に関しては好みがありますが真っ白だと肌がくすんで見えるので、少しだけ黄色が入ったクリーム色や、淡いペールトーンで透明感を出すと良いでしょう。同じ理由でシルク素材は、きめ細かな印象を与えてくれます。素材にこだわる事でシンプルなデザインでも上品なイメージを与えてくれます。

まとめ

20代ならある程度のウェディングドレスを着こなせますが、30代からは自分の武器や弱点を熟知した上でドレス選びをしていきましょう。まず自分の体型やバランスを知り、客観的に似合うドレスを模索します。続いて肌トラブルやコンプレックスを書き出して、それをうまくカバーしてくれるウェディングドレスを選択していきましょう。事前にパーソナルカラーを調べ、自分をより美しく見せてくれる色を確認しドレスの色を決めるのも賢い手段です。これらを吟味した上でドレス選びをすると自分の魅力をより引き出してくれます。