• >
  • 40代でも着こなせるウェディングドレス
       

ウェディング関連コラム

40代でも着こなせるウェディングドレス

結婚式を挙げるなら絶対にウェディングドレスを着たい!20代はそう思っていたけれど、実際に式を挙げるのは40代になってからになってしまった。今更ドレスを着ても痛々しいとか、若作りをしていると思われないだろうか?この年齢になるとドレスを着る事に抵抗があり、和装で済ませようとドレスを抜いたプランを進めていく方も多い様です。年齢に合ったデザインのドレスを選択すれば、若い世代には出せない上品さを出す事が出来るのです。そのポイントを説明しています。

40代のウェディングドレスの選び方

40代になると若い頃の様に、自分のしたいオシャレよりも周りの目を気にしてしまうのですが、結婚式までそうなるととてももったいないです。とは言ってもむやみに露出したり、プチプラで抑えたいが故に安っぽいデザインにしてしまったりすると、悪い意味で目立つので要注意です。この年代のドレス選びのポイントは、何と言っても素材にこだわる事です。上質な素材は例えシンプルであってもアナタの良さを引き出してくれますし、洗練された美しさを与えてくれるので大人婚にはぴったりです。もう一つおすすめなのがレースや刺繍です。職人がこだわって作ったレースや刺繍は機械で作ったものとは違った雰囲気がありますし、肌を含むコンプレックスをうまくカバーしてくれる働きがあります。上質なドレスを身に纏えば自然と仕草も美しくなります。

40代が似合うウェディングドレスライン

ウェディングドレスと言ってもプリンセスラインやマーメイドラインと様々なデザインがあります。40代にだからこそ魅力的に見えるデザインは、スレンダーなAラインドレスです。それに加えてシンプルで上品なデザインはアナタの魅力を更に高めてくれます。若い世代はシンプルだと地味に見えますが、この年代はシンプルだからこそ色気や上品さがにじみ出てきます。プリンセスラインのドレスであれば、下半身のボリュームを少し抑える事でより上品になります。プリンセスラインは若い方の着るイメージを持っている方が多いのですが、反対に体型の気になる40代だからこそ着こなせるドレスです。デコルテがビスチェだとシワが気になる場合はレースをプラスする事、うまくカバーしてくれます。ミニ(ショート丈)は年齢的にもそうですし、あまりにもカジュアル過ぎるのでおすすめ出来ないドレスです。

40代におすすめのウェディングドレスブランド

デザインや種類も良いけれど、ブランドごとのコンセプトからウェディングドレスを選ぶのも賢い方法です。30~40代がより美しく見えるブランドを紹介していきます。まず1960年代に創立したカツラユミは、360度どこから見ても美しくみえる様にこだわっています。その当時はウェディングドレスを着る日本人はほんのわずかでしたが、カツラユミのおかげでドレスが広まりました。このブランドは上品さや優雅さに加えて大胆なカッティングが魅力的です。ラトリエ・マリアージュは国内生産されているブランドの一つで、2WAYで着られるドレスが多い様です。レースやリボンをあしらったものが多く、大人の雰囲気の中に少女らしさが隠れています。エマリーエは日本女性を美しく見せる為に設計されたドレスを提供しているブランドで、シンプルでエレガントなデザインばかりです。

まとめ

40代という年齢に躊躇して自分の着たいウェディングドレスを諦める事はありません。デザインや素材、ブランドをしっかりと見極めれば40代だからこそ表現できる美しさがあります。その為にはまず自分の弱点や体型を知り、どうすればコンプレックスをカバー出来るのかに着目して下さい。国内・海外問わず多くのブランドがありますので、コンセプトやドレスのデザインを参考にして自分の好みを見つけて下さい。その上でドレスを選べば痛々しい、若作りと言われる事はありません。