• >
  • ブーケの種類と相性の良いウェディングドレス【後編】
       

ウェディング関連コラム

ブーケの種類と相性の良いウェディングドレス【後編】

形状だけをとってもウェディングブーケの種類はさまざまです。シーズン毎による流行などもありますが、どのウェディングドレスとのコーディネートが相性がいいのかは、事前におさえておきたいポイントでもありますよね。今回ご紹介するのは、個性的なブーケとしても人気を集めている3種類。どのようなドレスとのコーディネートがおすすめなのか、くわしく見てみましょう。

アームブーケと相性の良いウェディングドレス

アームブーケは、定番のカラーやデルフィニウムなど、長めの茎を持つ花を使って、手で持つことを目的として作られます。シンプルながらも、ナチュラルな美しさを演出できることで人気を呼んでいて、使われる花によっても大きく印象が変わるのも特徴です。ブーケそのものが持つ縦長のシルエットを生かし、流れるような美しいフォルムのマーメイドドレス、スリムなシルエットが魅力のドレス、コンパクトでシンプルなドレスなどと相性がよいと言われます。

アレンジ次第ではとても個性的に仕上がるため、欧米では、定番の白いカラーではなく、色彩豊かなランやアセビの花、オリーブやハーブなどの葉物をおしゃれに取り入れた、色鮮やかなものが人気を集めています。また、ボリュームの調整もしやすいので、ドレスやヘアスタイルに合う、いろいろなアレンジを楽しむことができるのも魅力のひとつにあげられます。

クレッセントブーケと相性の良いウェディングドレス

名前のあらわす通りの三日月型が優雅なフォルムが可愛らしいクレッセントブーケは、左右に広がるラインがとても美しいブーケです。それなりのボリュームがある三日月型の場合は、同じく裾にボリュームが持っているAラインドレス、すとんとしたシルエットが素敵なエンパイヤラインのドレスと相性がよく、清楚な大人の女性の雰囲気を演出することができます。

華奢な三日月を作る場合は、小柄な方や個性的なドレスとの相性もよくなりますし、大ぶりな三日月型を作る場合は、スリムなラインのドレスを引き立てることも可能です。アレンジによっていろいろなドレスとのコーディネートも楽しめるので、ぜひお好みのボリュームを見つけてみてくださいね。

また、輪郭の淡い三日月型をかたどるのも素敵ですし、葉などを多めに取り入れてくっきりとした三日月型にするのも、ユニークで素敵ですよ。

クラッチブーケと相性の良いウェディングドレス

普段からナチュラルな装いが多い方などには、ぜひ、表情豊かなクラッチブーケをおすすめします。摘みたての花束のような印象を受けるクラッチブーケは、使う花のアレンジ次第で、今まで誰も見たことのないような素敵なものを作ることができます。じわじわと人気を呼んでいるファーマーズ感たっぷりのものや、スタイリッシュなものまでアレンジも自由自在なので、個性を求める花嫁にもぴったりです。

また、季節感のあるお花が選べるのもポイントが高いですよね。相性のよいドレスは、ボリュームのあるものではなく、ナチュラルな美しさが感じられるもの。控えめで優雅さが素敵なエンパイアドレス、スリムなシルエットのシンプルなドレスなどによく似合います。とくに、エンパイアドレスとの相性がよいとされ、物語の中のお姫様のような姿になれると評判です。

まとめ

大切な人との記念すべき日にまとうウェディングドレスには、やはり、ドレスと相性がぴったりの素敵なブーケを選びたいですよね。エレガントな豪華さが魅力なものからナチュラルさが魅力のものまで、さまざまな形状がありますし、花の選び方やちょっとしたデザイン次第で、まったく印象の異なるものを作ることができます。また、プリザーブドフラワー、生花、造花を選ぶかでも、大きく変わってきますので、ぜひ自分の気に入ったブーケを作ってみてくださいね。