• >
  • ウェディングドレスの素材の種類 その2
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスの素材の種類 その2

結婚式といえばまず気になるのがウェディングドレスです。ウェディングドレスは女性にとっては永遠の憧れのドレスであり、納得のいくデザインのものを着たいと思うものです。ウェディングドレスで使われている素材は一つではありません。デザインにより素材も変わってきます。良質で品のある素材が使われており、それぞれに特徴があります。素材の違いによって、ドレスがどのように違ってくるのか確認していきましょう。

サテンの特徴

サテンはつやのある光沢感が特徴です。柔らかな手触りでしなやかなドレープが作れます。華やかな光沢がシンプルなドレスを美しく仕上げ、生地が揺れるたびに輝きが増します。サテンには使われる糸により種類があり、ウェディングドレスにはブライダルサテンが使われます。上品な光沢と繊細なドレープが特徴です。スカートにボリュームのあるプリンセスラインのドレスや、エレガンスでシンプルなAラインのドレスにも良く合います。

バックサテンシャンタンも高級感のあるサテンでウェディングドレスに向いています。その名の通り片面がサテンの生地です。舞台衣装やフォーマルな服にもよく使われています。ニュアンスのある質感とつや消しのような光沢が特徴です。ブライダルサテンに比べて色のバリエーションが豊富なので、お色直し用のカラードレスにもぴったりな素材です。

シフォンの特徴

シフォンはとても薄く柔らかい素材です。透け感があり繊細な印象の生地です。オーガンジーよりも柔らかな手触りでシワになりにくい特徴があります。ブラウスなどにも使われている生地です。とろけるような滑らかさがあり、体のラインに綺麗に沿うためマーメイドラインなど大人っぽいエレガンスなドレスにぴったりです。軽く、着用感も優れています。

他の生地の重ねて使うことも多く、ドレスのスカートに重ねて使うと柔らかなボリュームが出ます。絹糸を使ったシルクシフォンはより綺麗なドレープが作れます。透け感を活かして重ねたり滑らかなドレープをつけることで、ドレスに優しい表情を与えます。シフォン生地を使うと女性らしいフェミニンなイメージのウェディングドレスになります。エンパイアラインやスレンダーラインのウェディングドレスにもぴったりの生地です。

チュールの特徴

チュールとは細かな網目で透け感のある生地です。チュールスカートなどでも使われるガーリーなイメージの素材です。ウェディングドレスのベールとしても使われています。チュールには柔らかいソフトチュールと固めのハードチュールがあります。ドレスのスカートの上に重ねるとふんわりとしたボリュームが出て、華やかでとても可愛らしい印象になります。非常に軽い生地なので、ボリュームを出すために枚数を重ねても重くなりません。

ベールには柔らかなソフトチュールが使われることが多く、ドレスにはハリのあるハードチュールが使われます。レースと合わせてもエレガンスになり、ビジューで飾ってもチュールが優しく輝きます。色のバリエーションもあるので、個性的なデザインもドレスも軽やかでふんわりと仕上がります。ロマンチックで可憐なイメージが好きな方にぴったりなドレスです。

まとめ

生地によってウェディングドレスのイメージは大きく変わります。写真で見たときと実際に見たときでは印象が変わったりもするでしょう。着心地の良さや肌触りなども大切なポイントです。式が決まったら、なるべく早めにドレスの見学や試着を始めるといいでしょう。

ウェディングドレスを選ぶ時間は特別です。女性にとって夢のような幸せなひと時です。お気に入りの素材で作られたウェディングドレスで、美しく輝く花嫁になりましょう。