• >
  • ウェディングドレスは購入派とレンタル派どちらが多い?
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスは購入派とレンタル派どちらが多い?

結婚式の準備で一番気になるのがウェディングドレスのことでしょう。式場の手配と合わせて早めに進めていきたい準備のひとつです。結婚式で着るウェディングドレスを選ぶとき、レンタルと購入ではそれぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。結婚式のスタイルによって向き不向きはあるのか、気になる方も多いと思います。レンタルと購入、双方の違いを確認しながらどちらが多く利用されているのかみていきましょう。

購入のメリット・デメリット

ウェディングドレスを購入するとレンタルするより費用がぐんと高くなるのではと思うかもしれません。ですが実際には20万円程度から購入できるドレスもあり、あまり変わらない費用で買えます。海外などで挙式し帰国後に披露宴を行う場合などは、2回ドレスを借りると料金が高くなるため買ったほうがリーズナブルに済むというメリットがあります。オーダーメイドで作る場合には体型にぴったり合うドレスが作れるところもポイントです。

デメリットとしては結婚式で着た後はずっと保管しておかなければならない点が挙げられます。ウェディングドレスはデリケートな素材で作られているため、綺麗な状態で保管するには注意が必要です。綺麗な状態で保管出来れば、将来子どもが結婚する時に仕立て直して譲ることもあります。ハンドメイドが得意であれば、リメイクしてベビードレスにしたりも出来ます。

また自宅での保管が大変な場合、ウェディングドレスのリユースショップもあるので利用するのもひとつです。

レンタルのメリット・デメリット

ウェディングドレスをレンタルするメリットは、購入するとなると高価で手が出せないような高級なドレスや新作のドレスもリーズナブルにレンタル出来る事です。お色直し用のカラードレスなども合わせると、たくさんの豊富なデザインの中から自分好みのドレスを選ぶことが可能です。専門のスタイリストがサイズや好みのデザインなど、条件にぴったりなドレス選びを手伝ってくれます。

小物やアクセサリーも合わせて借りられるため、安心して納得のいくコータルコーディネートが出来ます。ウェディングドレスだけでなく和装もあるので、挙式は和装で披露宴にはドレスでというようなスタイルへの対応もスムーズです。

デメリットとしては、人気のドレスはなかなか予約が出来ないことです。レンタルなのであまりに汚してしまった場合にはクリーニング代等の請求が発生することもあります。当然同じドレスを誰かが着ていたりということもあるのでオンリーワンのドレスを希望する場合には不向きかもしれません。

巷ではどちらが多い?

購入派とレンタル派では、レンタル派のほうが圧倒的に多いようです。結婚式場のプランには衣装の貸し出しが含まれていることも多く、カラードレスなども含めて衣装を決めるとなるとプランを活用したほうが便利なため、購入よりもレンタルを選ぶ人が多くなっています。その理由として着る回数や保管などトータルで考えるとレンタルのほうが条件に合うことが挙げられます。

購入する場合、オーダードレスを作る割合のほうが既製品を選ぶ割合よりも高くなっています。購入希望者がオンリーワンのウェディングドレスを求める場合には、デザインから考えることが多いようです。

まとめ

ウェディングドレスは購入でもレンタルでも好みで選ぶことができます。割合的には少なくなっていますが、予算や好みのデザインの有無によってはオーダーメイドなどで購入をすることもあります。自分だけのドレスをデザインして作ってもらう時間も、数多くのデザインの中から気に入ったドレスを選ぶ時間も花嫁だけに許された特別な時間です。どちらにしても納得のいくドレスであることが大切です。挙式のスタイルやスケジュールや予算などと合わせて購入するかレンタルするか決めるといいでしょう。