• >
  • 冬の結婚式に似合うウェディングドレス
       

ウェディング関連コラム

冬の結婚式に似合うウェディングドレス

ウェディングドレスと言えばアメリカンスリーブやパフスリーブが多く、寒い時期に行うイメージがありません。また室内で行うので気温は関係無く、薄着でも挙式を挙げられるのでこだわる必要は無いと思っている方もいます。確かにどの季節でも結婚式を挙げられるのですが、実は冬は結婚式にぴったりのシーズンなのです。寒い時期はカップルの為のイベントが多く、雪景色の中挙げる式はとてもロマンチックです。ここでは冬にぴったりのドレスについて紹介しています。

冬に似合うウェディングドレスの色は白!

冬と言えば雪、雪と言えば白なのでやはりウェディングドレスは白がおすすめです。とは言ってもありきたりなデザインはつまらないので、雪をイメージしたスパンコールや刺繍、または素材にこだわってみませんか?オーガンジー素材なら柔らかく儚い印象ですし、チュールを何層も重ねる事でより魅力的になります。透け感のある素材や羽をモチーフにした素材は、より清楚な雰囲気を出してくれます。ドレスのバックに雪の結晶や花の刺繍をあしらう事で、冬という季節を強調出来るのも特徴です。また屋外で式を挙げるのなら、白をバックに印象的な赤のドレスも個性的で素敵です。夏に比べてロマンチックな雰囲気、そして背景まで巻き込んで式を挙げる事が出来るので、おすすめの季節です。また雪とドレスの組み合わせは大変フォトジェニックですので、オシャレな花嫁から注目を浴びています。

冬ならではのウェディングドレスの着こなし

ドレスだからと言って何も必ずしも肩を出さなければならない理由はありません。季節に応じてロングスリーブやボレロを羽織ってもオシャレです。ロングスリーブは上半身を細く見せてくれる効果があり、体型に悩む方にもぴったりです。ボレロはウエストラインよりも短めなので、よりフォーマルな印象が強まります。白で合わせると優雅な雰囲気が出るので、格式の高い雰囲気になります。ショールは身体を華奢に見せてくれるだけではなく、フェミニンで儚げな雰囲気を演出してくれます。素材はレースやシフォンがおすすめです。カジュアルな結婚式や、個性を出したいのであればおそろいのシャツやジャケットも良いです。小物までおそろいだとパートナーとの絆をアピール出来ます。但しこの場合は、身内や結婚式の雰囲気もあるので注意が必要です。

ファーアイテムって身に着けても良い?

結婚式でファーを含む毛皮を身につけると殺生をイメージさせるという事で、タブーでした。しかし近年ではその傾向はゆるくなり、ファーのボレロやショールを羽織る花嫁も増えてきました。とは言っても地域柄や参加者の考えなどもありますので、事前にしっかりと確認した上で着用して下さい。ちなみにファーと言ってもフェイクファーを着用したり、挙式の時はウェディングドレスのみでセレモニー毎に着替えたりしてTPOを守るのもベストです。当然ですが全身ファーを着るのは見た目にも良くないですし花嫁らしくありません。ヘッドアクセサリー・バッグ・ショール(ボレロ)のどれか1つにとどめておくのがオシャレですし、トータルバランスを考えても不自然になりにくいです。視線をファーに持っていく事が出来るのでコンプレックスのカバーにも役立ちます。

まとめ

結婚式も個性的、またはあまり人がやっていない、思いつかない事をしたいのなら冬の挙式がおすすめです。雪をイメージさせる白のドレスやドレスの種類にこだわれば、よりアナタらしさが引き立ちます。その際はTPOを弁えた振る舞いや着こなしが必要です。屋外での挙式は季節によってボレロやショールを着るのも良いですし、小物やバッグなどであればファーを使っても問題ありません。冬と言うシーズンも味方につけて結婚式をより印象的なものにしましょう。