• >
  • 結婚式もミニドレスで可愛く楽しもう!
       

ウェディング関連コラム

結婚式もミニドレスで可愛く楽しもう!

教会の厳かな雰囲気をまとって、讃美歌を聞きながらお姫様のようなふわりとしたドレスに身を包みバージンロードを歩く…そんな花嫁の後ろにはロングベール。これぞ王道結婚式!とはいえ、結婚式のスタイルも多様化してきた昨今、好まれるのは王道ばかりというわけでもなくなってきました。結婚式というのはこういうもの、という概念にとらわれずドレスも多種多様の種類の豊富さです。せっかくの機会です、かわいいミニドレスで、素敵な思い出にしませんか?

ミニドレスの種類

そもそもミニドレスとはどのドレスのことを指しているのでしょうか。その答えはなく、定義もはっきりとはしていません。スカートの丈がある程度短いこと以外に決まりはありません。それでも一般的にはひざより上の丈のドレスを総称されることが多いようです。種類としては、ドレスの形と素材によってくるのですが、いわゆるAラインでミニ丈、レースをふんだんにつかうと、キュートさがグッと増します。

また、マーメイドラインでミニ丈、生地自体に模様がしっかりあるタイプだと、スレンダーなうえに、クールにかっこいい花嫁になります。まだまだ場とゲストの年代によってはミニ丈は好まれない場合もあるので、そういった場合はスカート部分が取り外し可能で、取り外すとミニ丈になるようなドレスもあります。

こんな方におすすめ

ではこのミニドレス、どんなシチュエーション、どんな方にぴったりなのでしょうか。まず格式高いホテルでのお式や寺院、神社でのお式には向きません。露出が高いものを好まない傾向が強いからです。しかし同じホテルでもバーベキューウェディングや屋外ウェディングなどの場合は許容されることも。

ミニドレスでのパーティーが可能な場所さえ見つけてしまえば、あとはドレスを選ぶだけ。ミニドレスの魅力はなんといってもその丈。これまでのウェディングドレスとは違って足を見せる、つまり靴で遊べます。足を見せたい、かわいい靴を履きたいという方におすすめ。また、動きやすいということも魅力の一つです。パーティーの間も大切なご友人やご親族などのために身軽に歩き回りたいという方にもぴったりと言えます。

おすすめのブランド

衣装をミニドレスに決めたら、どこのミニドレスからチェックすればよいのでしょう?憧れブランドなら「VERA WONG」革新的なデザインや、繊細なチュール使いのドレスはロングが有名ですが、実はミニドレスもあります。今や日本でも取扱店が増えてきており、驚くほど体になじむ感覚のドレスです。ミニドレスでも活発なイメージになりすぎず、清楚に着こなしたい方にお勧めです。

やっぱりとても高い…もっと気軽に着たい方には日本のブランド「TIGLILY」、こちらはとにかくドレスの種類が豊富!カラードレスも豊富!そしてお値段がリーズナブルです。アクセサリーも取り揃えているので一緒に購入すれば全体的な統一感が簡単に出るかもしれません。

最後に「mekku」こちらはおしゃれカジュアルウェディングをコンセプトにされているだけあって、そのときのトレンドに沿った素敵なミニドレスを作っています。

まとめ

一口にウェディングドレスと言ってもいまや豊富すぎるほどのバリエーションがあり、いざ選ぶ立場になっても本当に悩んでしまいます。しかし着られる数は少数で限界があります。今回ご紹介したミニドレスはこれまでの結婚式の概念をある意味で打ち破るウェディングドレスであり、場面によってはまだまだ受け入れられないこともあるかもしれません。

ただ、結婚式はやはり特別なものです。ゲストのこと、ご家族のこと、いろいろなことを思い浮かべながらできるだけ皆さんが楽しめる場をしっかり考えたうえで選んだウェディングドレス。その一着が誰をも幸せな気持ちにしてくれるきっかけとなればとても素敵ではないでしょうか。