• >
  • 結婚披露宴の種類をご紹介【形式編】
       

ウェディング関連コラム

結婚披露宴の種類をご紹介【形式編】

頻繁にお呼ばれする時期というものが人によってあるものの、日常的な場面、というほどの頻度にはならない「結婚式」。お呼ばれする流れとしては、結婚を誓う儀式にあたる「結婚式」と、結婚したことをお披露目する場である「結婚披露宴」がセットになってくることが多いですよね。ある程度行くと慣れは出てくるものの、スタイルが違うとあれ?とドキドキすることもしばしば。そんなとき困らないように、様々な種類の結婚式や結婚披露宴を知っておきませんか?

教会での結婚式の特徴

教会での結婚式、お呼ばれしたこと経験がありますか?いわゆるキリスト教の教えに倣った結婚披露宴の種類なのですが、新郎新婦のどちらかが信者でないと挙げられないのがカトリック式、信者でなくとも挙げられるのがプロテスタント式という違いがあります。結婚式を行う場がホテルのチャペルなら信者かどうかを問われないのもまた特徴です。進行をするのは牧師さん。

教会式はもともとキリスト教の礼拝のひとつなので華やかさがメインではありません。新郎新婦がシンプルな衣装を着るのはもちろんのこと、ゲストに露出を控えてもらったり華美なアクセサリーをつけてもらわないなど細かい決まりがある場合もあります。列席者全員で讃美歌を歌い、指輪の交換をするのは有名ですね。「結婚証明書」に新郎新婦でサインをしたあと、牧師さんや証人の方にもサインをもらって晴れて夫婦となる…これが一連の流れと特徴です。

神前式での結婚式の特徴

教会式を「洋」の種類の式とするならば、ここからご紹介する神前式、仏前式は「和」の種類の式と言えるでしょう。神前式では「家と家との結びつき」を大切に、新郎新婦の結婚を「神様に誓う」ことが大きな特徴です。主に神社で行われ、ホテルなどで行われる場合は神の祀られた神殿を要している場合のみで可能です。

厳粛な雰囲気で行われるため、基本的にゲストも私語厳禁となります。新郎新婦が和装で当たり前なのでゲストも和装が必須かというと近年はそういうわけでもありません。ただ、厳かな雰囲気を前提とし、洋装にしても女性のノースリーブなどには羽織ものが必要です。華美なアクセサリーも好まれません。

ゲストが和装する場合は当然ながら新郎新婦より目立つような派手な柄は避け、新郎新婦、親族の方々を立てることを忘れないようにしましょう。進行は神職で、「巫女の舞」や、親族同士がお酒を飲み親族になることを誓う「親族盃の儀」などがあります。

仏前式での結婚式の特徴

神前式が神様に誓う式ならば仏前式は「仏様とご先祖様に来世までの結びつきを誓う式」です。日本では特別な宗派を持たない人が多く、無宗教だと言われますが、仏前式を行う人の多くは仏教を信仰している人たちでした。近年はそれほどの縛りがあるわけでもなく厳かな雰囲気を好んで仏前式を選ぶ人も増えてきています。

お寺で行われることが一般的ですが、自宅の仏壇に僧侶を招いて行う場合もあります。進行は僧侶が行い、僧侶から数珠を授けられる「念珠の儀」、最後には僧侶からお祝いの言葉と「法話」があるのも特徴的ですね。仏教の教えを説いてもらえる法話ですが、なかなか聞ける機会がないのでとても貴重です。

仏前式でのゲストの服装も、和装にこだわらなくてもいいなど、神前式となんら変わることはありませんが、唯一大きな違いとしては「数珠」を持参する必要がある場合があるということ。列席する場合は事前に確認しておく必要がありますね。

まとめ

結婚式、結婚披露宴にある程度列席したことがある人にとってはメジャーな「教会式」から、神様に結婚を誓う「神前式」、また仏様とご先祖様に結ばれたご縁を報告する「仏前式」まで、3つをご紹介しました。

結婚する二人にとって、何に誓うのか、何を誓うのかが大切なことであるのは間違いないのですが、ゲストが呼ばれる結婚式、結婚披露宴の種類を知っておくことによって恥ずかしくないことはもちろん、新郎新婦の思いに寄り添うことができ、主役でなくとも素敵な思い出になるのかもしれません。どんなスタイルの結婚式をするとしても、新郎新婦側、ゲスト側双方にとって忘れられない思い出になるといいですね。