• >
  • ウェディングドレスの試着の段取りは?

ウェディングドレス関連トピックス

ウェディングドレスの試着の段取りは?

結婚式の準備の最初はウェディングドレス選びからです。沢山のドレスの中から色々と試着を繰り返し、自分のドレスを探す。花嫁にとっては一番わくわくしてテンションが上がる時間ではないでしょうか。あれもこれもと着たくなることでしょう。しかし、ただ闇雲に試着を繰り返しても、時間や体力を無駄に浪費するだけになってしまいます。そうならないためにも、ウェディングドレスを試着する前に、しっかりと準備をしなければなりません。

ウェディングドレスを試着する場所と予約をする

結婚式場の予約を済ませたら、次はいよいよウェディングドレス探しです。気になるドレスショップがあればそこを利用してもいいのですが、ほとんどの人はどこで探していいのかわからないのではないでしょうか。結婚式場やホテルでは自身で衣裳室を持っていたり、提携するドレスショップがあったりしますので、そこでウェディングドレス探しを始めましょう。

また、ドレスショップでは試着の予約が必要です。予約が不要なドレスショップもありますが、もし先客がすでに試着を始めていたら、終わるまで待つことになりますので、日時が決まったら予約をしておきましょう。予約の方法も結婚式場の内部や提携のドレスショップであれば、結婚式場で予約することができます。

ウェディングドレスを試着するまでに準備すること

試着の予約がとれたら、当日の持ち物を用意します。必要なものはまずストッキングとストラップのとれる下着です。ドレスのデザインによっては肩が出るものがありますので、下着のストラップは取れるものの方がよいと思います。それ以外には、写真撮影用のカメラも必要です。いくつかのドレスを比べる場合や、自分では見辛い後ろ姿や全身をチェックすることができます。

また、それ以外に用意できれば便利なものは、自分が着たいウェディングドレスの画像です。ネットや雑誌などから自分が着たいドレスのイメージを探しておけば、ショップのスタッフに自分の希望を口頭で話すよりもイメージが伝わりやすく、ドレス探しがスムーズに進みます。結婚式場のパンフレットなどもあれば持っていきましょう。

ウェディングドレス試着当日の流れと注意点

試着当日の服装は脱ぎ着しやすいものがよいでしょう。下着もストラップが取れるものを着ていきます。ヘアスタイルも軽くまとめておくか、まとめやすい髪型しておくといいでしょう。メイクはしないよりもしておいた方が、結婚式当日のイメージが沸きやすいと思います。試着へはパートナーや家族と行く人がほとんどですが、もし日程が合わず一人だったとしても、スタッフがしっかりとアドバイスしてくれるので安心です。

当日は、予約時間に余裕をもって来店しましょう。受付を済ませたら、服のサイズや好みなどドレスを選ぶのに必要なアンケートを記入します。ドレスを試着したら写真を撮影しておきましょう。全身の正面、バストアップ、後ろ姿、最低この3パターンは撮影するようにします。

まとめ

ウェディングドレスの試着をしていると、結婚式を挙げることを実感する人も多いのではないでしょうか。それほどにウェディングドレスは花嫁にとって大切なものなのです。一度の来店でお気に入りのドレスが見つかればいいのですが、なかなかそう行かないのが現実です。よりよいドレスを探すためにも、余裕も持って準備をすることが大切です。また、今人気のドレスなど情報収集もかかさず、納得のいくドレス選びができるようにしましょう。