• >
  • 絶対押さえておきたいウェディングの服装マナー【女性編】
       

ウェディング関連コラム

絶対押さえておきたいウェディングの服装マナー【女性編】

家族や親戚、友人や職場の同僚など、身近な誰かの結婚式に招待されるのは喜ばしいことですよね。しかしいくら新郎新婦を祝う気持ちがあっても、式に参列する際の服に失礼があってはお祝いしたいという気持ちは伝わりません。特に女性はドレスや靴、バッグにアクセサリーなど身に付けるものが多いので要注意なんです。絶対に抑えておきたいウェディングでの女性の服装マナーについて、最近のドレスコード事情も合わせて見ていきましょう。

ドレスに関する基本のマナー

結婚式に招待されたら、まず悩むのはドレスコードについてですよね。女性の場合には、一般的にはドレスやワンピースを着用して式に臨みますが、何を着ても良いというわけではありません。服装のマナーについて見ていきましょう。

招待客が着用してはいけないとされているのが、花嫁と同じ色である白のドレスやワンピースです。理由はもちろん、白は新婦のみが着る衣装とされており、主役である花嫁と同じ色を着てはいけないからです。また、結婚式の会場では写真を撮ることも多いでしょう。薄いベージュや薄い黄色、薄い水色やピンクは写真によっては白っぽく映ってしまうこともあるので避けた方が良いでしょう。

また、肌の露出を避けるためにボレロやショールを肩にかけることもあるでしょう。白いボレロやショールは、式中に座っていると上半身しか見えなくなるため白いドレスやワンピースを着ているように見えてしまいます。ショールは透ける素材のものを選ぶようにしましょう。また、過度に肌を露出するようなドレスやワンピースも着用を避けた方が良いでしょう。

肩紐や袖のないビスチェタイプのものや、ミニ丈のスカートのものは好ましくありません。ただし、夜に行われる結婚式においてはその限りではありません。夜の時間帯には、正装として女性が着用するのはイブニングドレスと呼ばれる、胸元や背中、肩を出したロング丈のドレスです。ただし挙式の間はあまり肩を出さないように何か羽織ると良いでしょう。

また、葬儀などの不祝儀をイメージさせるので全身を黒で統一したドレスも避けましょう。ただし黒いドレスは、色の付いたボレロなどを羽織ったり、アクセサリーなどでアレンジすることで着用することができます。

殺生をイメージするために着用を控えるべきとされているのが、動物の柄のドレスやワンピースです。同様の理由から、ファーなどの動物の毛皮を使っているものも良くないとされています。動物の柄は最近の流行でもあり、多くのワンピースなどに使われています。

しかし、お祝いの場に悪いイメージを持ち込まないためにも避けるようにしましょう。ただし、カジュアルな雰囲気の挙式や披露宴においては着用できる場合もありますので、どうしてもそういった柄のドレスやワンピースを選びたい場合には新郎新婦に確認を取るようにすると安心です。

靴やバッグに決まりはある?

結婚式の服装マナーにおいて注目されがちなのは主にドレスやワンピースですが、靴やバッグ、更にアクセサリーにもルールがあります。せっかく正しいドレスやワンピースを選んでも、小物にルール違反があると残念な結果になってしまいます。

まずはアクセサリーですが、基本的にはパールのネックレスなどのシックなものが好ましいでしょう。ゴールドやシルバーなどのキラキラと光るものは避けた方が良いとされています。ただしこれは儀式的な意味合いからではなく、写真を撮る際などにフラッシュの光が反射してしまうなどの理由から来ているようです。

特に昼間の式では、パールやビーズなどのあまり光を反射しない素材のアクセサリーを選ぶことをおすすめします。夜の式や二次会などでは、反対に光るアクセサリーの着用が華やかに見えます。ゴールドやシルバー、ラインストーンなどが使われているものを選ぶと良いでしょう。

バッグに関しては、ドレスと同様に殺生を連想させる動物の柄や毛皮の使用されている製品は控えましょう。また、フォーマルな場で正装している場合に大きなバッグを持つのはngです。女性は何かと荷物が多くなりがちですが、だからといってトートバッグなどに荷物をまとめてしまうのは良くありません。メインのバッグは小ぶりであまり派手すぎないものを選ぶようにし、荷物が入りきらない場合はサブバッグを持つようにしましょう。

また、サブバッグに紙袋を使用するという人も多いですが、正式な場なので紙袋は避けましょう。サブバッグを持つ際は必ず会場のクロークに預け、式場にはメインのバッグのみを持ち込むようにします。

靴は、カジュアルすぎるものは避けるようにします。当然のことながらスニーカーやブーツはngです。殺生を連想させる動物の柄を避けることはもちろん、パンプスでもつま先が開いているオープントゥ―のデザインは避けるようにしましょう。これは肌の露出を避けるためで、同様に足の甲やかかとが大きく出るようなものも控えるほうが無難です。

最近のドレスコード事情とは

昔はngとされていたドレスコードの中にも、最近になってマナー違反とされなくなったものがいくつかあります。近年増えている自由な雰囲気でオリジナリティを重視した挙式のせいもあるでしょう。

上下で色が分かれているバイカラーのドレスは、別れを連想させるため結婚式には不向きであるとされてきました。ご祝儀の金額を割り切れない数字にするのと同じですね。ただしこれは礼儀作法としての決まりがあるのではなく、縁起が悪いからというのが主な理由でした。

最近ではバイカラーのおしゃれなドレスやワンピースが増えていますし、フォーマルな場での着用が問題のないデザインのものであれば着ても大丈夫です。ただし、年配の方の多い式や披露宴などでは縁起の悪さを気にする人が多い傾向にありますので、式の雰囲気で決めるようにしましょう。

パンツスタイルは、女性のフォーマルウェアとしてはビジネスシーンを連想させてしまうのであまり好ましくないとされてきました。ただし最近ではドレッシーなデザインのものも多く、結婚式への着用をするという人が増えています。特にクールで華やかな印象にしたい大人の女性にはおすすめです。

パンツスタイルを選ぶ場合には、生地に光沢があるものやレースが使われているものを選ぶことで地味になりすぎずに着ることができます。アクセサリーなどで華やかな印象にするよう心がけましょう。ドレスのようなデザインで、スカート部分がふんわりとしたワイドパンツになっているデザインなどは、ドレスやワンピースにも見劣りせずに式に臨めます。

まとめ

結婚式で服装のマナーを守ることは、自分が恥をかかないためだけではなく、招待してくれた新郎新婦に対して失礼にならないようにすることにも繋がります。決して難しい礼儀や作法がたくさんあるわけではないので、ポイントを押さえてきちんとした服装で式に臨みたいですよね。

ドレスやワンピース、靴やバッグ、アクセサリーなどに共通して控えるべきは殺生を連想させる動物の柄です。昼と夜の式では服装のマナーも異なるため、式の日程や時間帯、雰囲気なども確認して当日の服装を決めると良いでしょう。