• >
  • マタニティウェディングドレスの選び方とは?
       

ウェディング関連コラム

マタニティウェディングドレスの選び方とは?

マタニティウェディングとは、花嫁が妊娠中に行われる結婚式のこと。妊娠していることが分かり結婚する、いわゆる授かり婚というパターンが一番多いのではないでしょうか。妊娠中の身体はデリケートなものなので、ドレス選びにも様々な点で注意が必要です。花嫁とこれから生まれてくる赤ちゃんのどちらにも負担をかけず、なおかつ花嫁を美しく見せることができるウェディングドレス選びのコツについて見ていきましょう。

マタニティにおすすめのドレスの形

妊娠初期であればあまりお腹の膨らみは目立ちませんが、挙式の日取りによってはお腹が大きくなってから結婚式の日を迎えることもあります。お腹の膨らみをなるべく目立たないようにしつつ、身体への負担も最大限に抑えたドレスにしたいですよね。どのような形のドレスがおすすめなのでしょうか。

妊娠中におすすめのドレスの形として、エンパイアラインが挙げられます。エンパイアラインとは、スカートの切り替え部分が胸のすぐ下にあるデザインのドレスです。ウエスト部分への締め付けがなく、切り替えが高い位置にあることで脚を長く見せてくれます。スカート部分はあまり広がらず、すとんと落ちるようなデザインになっているのが特徴です。

エンパイアラインはスタイルを良く見せてくれることから、万人に似合うドレスの形として親しまれてきました。このデザインが妊娠中におすすめな理由は、なんといってもお腹への締め付けのなさでしょう。妊娠初期のお腹が目立たない時期であっても、なるべく腹部は圧迫しないようにするべきなので、スカート部分が胸のすぐ下から始まるこのドレスは最適です。また、スカートはあまりふんわりと広がることはないもののタイトではないので、ウエストから腰回りのラインを隠してくれるという嬉しい効果もあります。

また、妊娠中にはビッグラインと呼ばれる形もおすすめです。ビッグラインとは、ウエスト部分にギャザーを寄せることでスカートにボリュームを出したデザインのことです。とにかくスカート部分が大きく広がっており、生地やレースが何層にも重なっていることも多いので、お腹の膨らみを隠すのには最適といえます。同じようにスカート部分が広がっているデザインにはaラインやプリンセスラインもありますが、それらの形よりもスカート部分が大きいため華やかな印象になるのもメリットですよね。

エンパイアラインはガーデンウェディングやリゾート婚などの、リラックスしたカジュアルな式におすすめです。反対にビッグラインは華やかなイメージになるので、大きな教会での挙式やホテルが会場の結婚式に適しています。式の雰囲気や会場、なりたいイメージに合わせて選ぶというのも重要なポイントですね。

サイズ変更ができるドレス

マタニティウエディングの場合、準備期間から挙式までの間に花嫁の身体に大きな変化が起こる場合があります。時期によっては会場が埋まっていて、挙式を決めた日から実際に結婚式を挙げる日まで間が空くことも多いですよね。妊娠初期でまだお腹が目立たない時期に挙式の申し込みをしたのに、実際に式を挙げるのはお腹が大きくなってからということだってあり得ます。

準備期間が長いと、早い段階で試着していたドレスが入らなくなっていたり、お腹の膨らみによってスカート丈が短く見えたりということが起こってしまうのです。だからといって、バタバタと短期間で式を終えるのは大変ですよね。そんな時におすすめしたいのが、サイズ変更ができるタイプのドレスを選んでおくということなんです。

妊娠期間によってどのくらいお腹の膨らみが目立つかは個人差がありますが、一般的にはお腹が大きくなるのは妊娠6ヶ月目からといわれています。それまではあまりお腹は目立たず、大きなサイズ変更は必要ないでしょう。妊娠8ヶ月目以降はお腹がパンパンに膨らみ、2サイズ以上のサイズアップをするなど大幅な変更が考えられます。挙式の日にどのくらいお腹が出ているのか予想をしながらドレスを決めていくと良いでしょう。

サイズアップが可能なドレスを選ぶことはもちろんですが、お腹まわりのサイズ調整ができることの他に注意したいのがバストサイズです。妊娠中には胸も大きくなることがあり、そちらに関してもサイズの変更をせざるを得ない場合があります。あらかじめ、あまり胸を露出しないようなデザインを選んでおくと安心でしょう。

特におすすめしたいのが、シャーリングになっているタイプのドレスです。シャーリングとは、背中側が編み上げになっているもので、紐の締め具合でサイズの調節をするというタイプのこと。予想以上にお腹が大きくなってしまった、あるいは思っていたよりもお腹が出なかったという場合に柔軟に対応することができ、サイズ違いのドレスを何着も用意しておく必要がないのが嬉しいですよね。

身体への負担を減らす工夫

マタニティウエディングで着るドレスの選び方として何よりも重視したいのが、身体への負担が少ないということです。お腹の膨らみが目立たない妊娠初期においても無理は禁物です。妊娠している花嫁の負担が減る工夫について見ていきましょう。

まずはドレスです。ドレスは式の間ずっと着ているものなので、なるべく腹部への締め付けがないものを選ぶようにしましょう。上半身のデザインがビスチェタイプなどの、袖や肩紐がないタイプのものは胸やウエストを締め付けることでドレスを支えています。そういったデザインは身体への負担が大きいので、肩紐でドレスを支えるような形のものが好ましいでしょう。

また、あまりにも重いドレスも要注意です。特にスカート部分が大きく膨らんでいるデザインでは、生地が何重にも重なっていてかなりの重量になっている場合があります。身体への負担を減らすためには、軽いドレスを選ぶことが大切です。

靴に関しても注意が必要です。特にお腹が大きく出る妊娠後期には、かがむことも難しくなります。お腹によって自分の足元が見えない状態になり、転倒の危険性も高まります。花嫁衣装にはハイヒールを合わせるのが一般的ではありますが、妊娠中の場合はヒールのないフラットシューズがおすすめです。

もしもヒールのある靴を履く場合には、ピンヒールよりも太めのヒールを選び、低いものにしておくと安定感が出ます。ドレスのスカート部分がぴったりと床につくような長さに調節しておくと、あまり靴は目立たなくなるのでフラットシューズも履きやすくなります。

特に妊娠後期には大きく張り出したお腹によって、日常生活での動きにもかなりの制限が出ます。結婚式という特別な場で、緊張しながら行動する場合には予想もしていなかった事故が起こってしまう危険性もあります。万が一を無くすためにも、ドレスや靴などが身体の負担にならないように工夫をすることが大切です。

まとめ

結婚も妊娠も幸せでおめでたいもの。結婚式を安心して行うために、マタニティウェディングでは妊娠している花嫁の健康を第一に考えてドレス選びや靴選びを行うことが大切になってきます。

ウェディングドレスにも、大きく出たお腹を目立たなくするシルエットのものがあります。また、腹部への締め付けを抑えたデザインやサイズ変更が自在にできるものもあり、式や会場に合わせたデザインから着ていて楽なものを選ぶと良いでしょう。靴もハイヒールを避けるなど、安全第一の考え方で選びたいですね。

お腹の中の赤ちゃんと花嫁が最高の結婚式を迎えられるように、ドレスの選び方の参考にしてみてくださいね。