• >
  • 30代に似合うウェディングドレスの選び方!
       

ウェディング関連コラム

30代に似合うウェディングドレスの選び方!

30代になってから自分に似合うものは何かだったり、雰囲気とマッチしているかを重視したり周りの目を気にする様になったという方も多いです。それは年を重ねて自分に合うもの、合わないものがわかる様になった為で客観視できる様になったと言えます。ウェディングドレスも同じで、この年代だからこそ似合うドレス、そうでないドレスがあります。ノリや自分の好みだけで選んで「イタイ人」と思われない様にする秘策をお教えします。

 

自分の体型とチャームポイントを把握する

自分を客観的に見られる様になったのなら、体型とチャームポイントを把握するのが似合うウェディングドレスを選ぶ第一歩です。体型に関しては出来ればしっかり採寸したり、アプリを使ってデータ化したりすると良いです。

ウィークポイントではなくチャームポイントを探すのが苦手な方もいますが、小さな点で構わないので自分の身体で武器になる部分を探せれば、そこをピックアップするドレスを当てはめると魅力が倍増します。例えば鎖骨やデコルテには自信がある、または肌のキメが細かいといった具体的なポイントを複数あげて、メモしておくと選びやすくなります。

 

ブランドよりも質や素材にこだわる

自分の信頼しているブランドだったり、好きな製品を輩出している店舗だったり、30代になると多くのサービスや企業で製品を選ぶ様になります。確かにそれも重要ですが、ウェディングドレス選びは、ブランドに頼るよりも素材や質にこだわる事で失敗を回避出来ます。

ドレスに使われている素材は出来る限り良いものを選択する事でアナタが持っている魅力を引き出してくれます。特にこの年齢は肌のくすみや荒れが気になりますが、上質なシルクは肌全体のキメを細かく見せてくれる効果がありますし、品格をアップさせてくれるので30代にぴったりのウェディングドレスです。

 

背中は見せる?スリーブはどうする?

背中にコンプレックスを抱えている方は意外に多く、そのほとんどが吹き出物やほくろを気にしています。しかしこれらは数回のエステで改善する事がほとんどで、同時にムダ毛処理をすれば驚くほどキレイになります。

ウェディングドレスの多くは背中がざっくりと開いているものが多く、意外ですが30代におすすめなのです。背中が開いている方が若々しく見えますし、年齢に合わせてエレガントな印象を出すにもぴったりです。特に長袖のウェディングドレスにする場合は、背中が開いていないと硬いイメージになります。どうしても背中を見せたくない場合は、ベールでうまくカバーするのも良い方法です。

 

ミニはNG?おすすめのラインとは?

若々しく見せるのならミニ丈のベルラインが良いですが、30代には鬼門です。理由はズバリ、ひざが露出してしまうからです。あまり知られていませんがひざは年齢が出てしまうパーツの一つで、ストッキングなどでも隠せません。その為、若々しく見えるのではなく、悪い意味での若作りになってしまうのでNGです。

30代に似合うラインといえば定番のAライン、エンスパイアライン、マーメイドラインがおすすめです。Aラインはどの年齢にも合うスタイルで、身長や体型も問いません。エンスパイアラインはカジュアルでフェミニンなイメージなので、女性らしさを引き出せます。マーメイドラインはメリハリを利かせられるので、セクシーな雰囲気を持つ方に似合います。

 

まとめ

近年では30代で初婚という方も多く、年齢に合わせたドレス選びがしやすくなっています。とは言っても自分の魅力やカバーすべき部分、周りにどう見せたいのかを知っておかなければ似合うウェディングドレスを選択出来ません。

自分のチャームポイントや体型を把握したり、ドレスの素材や質にこだわったりする事で魅力がアップします。ラインやデザインにもこだわればこの年齢にしか出せない魅力を引き出す事が出来ますので、参考にしてみて下さい。