• >
  • ウェディングドレス選びで失敗しない為には?40代にぴったりのドレス
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレス選びで失敗しない為には?40代にぴったりのドレス

若い頃の様にはつらつとしたエネルギッシュな雰囲気はないけれど、大人にしか出せないエレガントな空気や、セクシーな印象を持つ40代。結婚式となると和装をメインにしている方がほとんどです。和装も美しいけれど、せっかくなのでウェディングドレスを着用したい。とはいっても、若い頃の感性で選んでしまっては危険な気がする。確かにこの年代のドレス選びはとても難しいものです。失敗しない為のいくつかのコツを知り、自分の魅力を引き出しましょう。

 

プリンセスラインがおすすめの理由

ウェディングドレスにはいくつもの種類があり、その中でも40代におすすめなのがプリンセスラインです。名前だけで気恥ずかしいと思う方もいますが、ウエスト部分に切替があり、スカート部分がふんわりとボリュームがあるタイプを指します。

あまりにもボリュームがあり過ぎるのはよくありませんが、下半身の悩みをカバーしてくれる働きだけではなくエレガントな印象にしてくれます。程よくボディラインが出るのでセクシーにも見えますし、子供っぽくなり過ぎない点もメリットです。反対にマーメイドラインやエンパイアラインはセクシーになり過ぎたり、反対に地味になり過ぎたりするので要注意です。

 

肌の色に合わせたカラーを選択

花嫁といえば白のドレスですが、真っ白なドレスだけではなくオフホワイトや肌の色を明るく見せてくれるピンクが入った白など多くの種類があります。40代のドレス選びは色にこだわるのも重要なポイントです。

真っ白や青みがかったウェディングドレスは肌がくすんで見えてしまうので、出来る限り暖色が入っているドレスを選択すると失敗は少ないです。カラードレスの場合は淡い色よりもビビットな色だと、顔立ちがはっきりして見えますしドレスがアクセントになるのでコンプレックスをうまくカバーしてくれます。どうしても真っ白なドレスを着たい場合は、式場の照明にこだわるのも良いです。

 

コンプレックスをレースや刺繍でカバーする

40代になるとコンプレックスや悩みの1つくらいはありますし、若い頃の様にすぐにカバー出来るものではありません。だからといってその部分を隠してしまうと不自然ですし、場合によってはドレスに着られている印象になります。

コンプレックスがある方こそ、上質な生地やレース、刺繍を使ってうまくカバーしてみて下さい。ウエスト周りをカバーする場合はドレスにカッティングデザインがあるものや、背中を大胆に開けたデザインだとその部分に注目が集まります。肌のくすみやシワに関してはベールをまとえばうまくぼかされるのでおすすめです。

 

無理に若々しく見せるのはNG

せっかくの結婚式だし、主役は花嫁なのでキレイな姿を見てもらいたい!そう思うのは良い事ですが、何も無理に若作りをしなくても良いです。若作りをすると痛々しいイメージになりますし、変に白けてしまいます。

若い=ミニスカートをイメージしてウェディングドレスをミニ丈のものにしたり、レモンイエローなどのカラードレスを選んだりするのは40代には厳禁です。いくら脚に自信があってもひざやふくらはぎに年齢が現れたり、レモンイエローは肌をくすませてしまう色だったりします。必要以上に落ち着く必要はありませんが、過度な若作りは失敗の原因になります。

 

まとめ

40代になると若い子とは違った魅力があるので、同じステージで対抗するのではなく自分に似合うものを見つけるのが良いです。コンプレックスがあるならチャームポイントに視線を集めたり、全て隠すのではなくベールや小物で隠したりするのがベストです。

ウェディングドレスの選び方も重要で上質な素材や生地を使い、且つAラインやプリンセスラインなど体型をうまくカバーしてくれるタイプだと失敗のリスクが低くなります。結婚式を目前にウキウキした気分になるのは分かりますが、あまりにも若作りするとゲストから白い目で見られる可能性もありますので気をつけたいですね。