• >
  • ウェディングドレスは黒でかっこよく決めたい!でも大丈夫?
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスは黒でかっこよく決めたい!でも大丈夫?

黒のウェディングドレスを着たい!結婚式にはブラックをたくさん取り入れたい!そんな人も少なくないでしょう。普通の結婚式とは少し異なる、ブラックを取り入れたウェディングについてご説明します。黒を取り入れてみたいけれど、ウェディングで取り入れても大丈夫?そんな不安を覚えている人には、ドレス以外にブラックを取り入れる方法もご紹介。人とは違うウェディングにしたいと思う人は是非ご一読ください。

黒色のウェディングドレスなんてあり?

結婚式と言えば何といっても純白のウェディングドレス。花嫁になれば綺麗な白いドレスを着ようと思いますよね。しかし白のイメージが定番であるが故に、ウェディングといえばいつも同じような印象を受けがちです。そんな印象を打破する為に、ドレスのカラーを変えてみる人も増えています。中でも白の真逆である黒色のドレスを選ぶ人は多く、皆をあっと言わせる個性的なウェディングを演出しています。

黒のウェディングドレスなんてアリなの?そんな疑問もあるでしょうが、今では海外を中心にじわじわとブラックドレスが支持され広がりを見せているのです。ブラックは女性の妖艶な美しさを惹きたててくれるカラーであり、実は結婚式には打ってつけの色なのです。

黒色を柔軟良く取り入れてみる

ブラックのウェディングドレスが流行りだしているとはいえ、まだまだ白と比べると圧倒的にマイノリティな事は確かです。ハレの日である結婚式に、お葬式と同じ色を取り入れていいものか、という意見もありますし、実際は年配の方を中心に黒に対する抵抗を持つ人も少なくないでしょう。ウェディングドレスには難しいけれど、どうしてもブラックを取り入れたいというならば、お化粧直しでのドレスで選んでみたり、ドレス意外の小物にブラックを取り入れてみたりするのはいかがでしょうか。

例えばブーケにブラックのリボンを付けてみる、ブライダルシューズをブラックにする、ブラックのショートベールにしてみるなど。他にもウェルカムボードや参列者テーブルに飾る小物にブラックの飾りを取り入れてみると、白の中に光る黒の存在が少し変わった印象を与えてくれます。参列者にとっても、きっとインパクトの強い結婚式となるでしょう。

黒だけじゃない!個性が光るカラードレス

ウェディングでは一色のドレスだけでなく、お色直しも含めて数着のドレスを選ぶのが主流です。カラーのウェディングドレスもじわじわと広がりを見せ始めており、今では様々な色のドレスが重宝されているようです。特にウェディングドレスが白であれば、お色直し用では目に映える鮮やかな色味を選ぶ人が多いようです。

ドレスカラーは自分の好みの色を選ぶのが前提ですが、その他にも式場の雰囲気や季節感を重視して選ぶことがおススメ。窓が広く、陽光がたくさん入る式場であればパステルカラーの優しい色味が映えます。反対にシックな色味は夜や、落ち着いた雰囲気の式場に似合います。また、夏であればブルー系のドレスを、冬であればレッド系のドレスを選ぶなど、季節感を重視してみても式場の雰囲気に馴染むでしょう。

まとめ

結婚式には黒色のウェディングドレス。そんなイメージが徐々に広がりを見せ始めてきました。海外のセレブを中心に、ブラックドレスを選ぶ人も増え始め、あと数年もすればウェディングドレスは白か黒かどちらにするか悩む、なんて事も当たり前になるかもしれません。ウェディングにおいて、白は潔白を表し、反対にブラックは、何色にも染まらない事を意味します。どちらも高潔な色であり、人生の門出となる日に相応しい色に違いありません。自分らしい結婚式にしたいという人は、結婚式は白、というイメージを持ち過ぎず、是非自分らしい結婚式のカラーを作り出してみてください。