• >
  • 先輩に学ぶ!ウェディングドレスお色直しの失敗談!
       

ウェディング関連コラム

先輩に学ぶ!ウェディングドレスお色直しの失敗談!

せっかくの結婚式で新郎新婦が主役だからこそ、妥協せずに細部までこだわりたい。そう考えてお色直しの回数や、ドレスを吟味するのはとても良い事です。しかしその過剰なこだわりがトラブルや失敗を招いてしまうのも事実です。実際にあったトラブルを元に、解決策や気をつけるべきポイントをピックアップしています。これから式を挙げる方はもちろんですが、過去の失敗を振り返り友人や知人、家族に伝えて繰り返さない様にして下さい。

 

お色直しに時間が掛かり過ぎた

ゲストに祝福してもらうので、一番美しい所を見てほしい!そう思うのは理解出来ますし、最良の日だからこそ張り切ってお色直しをしたいと思うのも当然です。ドレスから和装、またはミニドレスくらいであればさほど時間はかかりませんが、複数のウェディングドレスを着る場合はかなり時間がかかるので注意して下さい。

お色直しに時間がかかり過ぎてしまうと主役の一人がいないままスケジュールが進行するので、白けてしまうケースがあります。人によっては新郎新婦が揃っている所を見たかったり、写真を撮ったりしたいと考えているので仮に時間がかかる様なら、退屈しない様うまく進行する必要があります。

 

新郎にも華を持たせて

ウェディングドレスを着た美しい花嫁は新郎によっても良い物ですが、結婚式の主役は新婦だけではありません。基本的に新郎はタキシードがメインですが、全くこだわりがないと悪目立ちしてしまいます。ゲストには新郎側の知人もいるので、花嫁だけでは無く新郎にも華を持たせるのが重要です。

仮に着こなしだけでは無く新郎をメインにしたイベントや時間を設けて、2人の結婚式である事をアピールしてみて下さい。ここで花嫁に悪い印象がついてしまうと払拭するにも大変ですし、いつまでも過去の失敗をつっこまれてしまうケースもあるので要注意です。

 

体型や雰囲気に合わないドレスをチョイスしてしまった

どんなに美しい方でも、体型や雰囲気に合わないドレスを着用すると魅力は半減です。実際にあったトラブルですが、試着の時はキツイとも感じなかったし元々華奢なのでブライダルインナーを着用しませんでした。

記念撮影の際に良くあるケースとして、背中や脇腹の肉がはみ出していたと言うケースもがあります。より美しく魅せたいと言う気持ちが強すぎて、当日のインナーを締めつけ過ぎてしまい気分が悪くなった方もいる様です。好みと言う点だけでウェディングドレスを選ぶと失敗のリスクが高くなるので、お色直しも含め必ずプロにチェックしてもらいましょう。

 

失敗・後悔しない為に気をつけるポイント

最良の日である結婚式に失敗や後悔をしない為には何に気をつけるべきでしょうか?当たり前の事ですが、自分本位では無く周りからの意見を聞き入れて、時間に余裕を持ったスケジュールを立てるのが一番の近道です。

お色直しに関しては平均2~3回で、式の進行状況によって違います。何度もシミュレーションを重ね、花嫁だけでは無く新郎も主役と考えながら進める事でリスク回避出来ます。ウェディングドレスは自分だけでは無くプロに見てもらったり、仲の良い方に見てもらい客観的な意見を聞き出したりして受け止めるのが重要です。もちろん不明点があればプランナーに相談して下さい。

 

まとめ

花嫁が主役になりつつある結婚式では、お色直しやウェディングドレスの選び方など失敗しやすいポイントが数多くあります。そんな中で特にトラブルに発展しやすいポイントをピックアップしてみました。

ゲストに満足してもらう為、お色直しの回数や時間、新郎への配慮だけでは無く自分や結婚式自体を客観的に見て、本当に問題が無いかを確認して下さい。その上でおかしいと思った点は遠慮せずにどんどん意見を言って、より良い結婚式を目指して下さい。