• >
  • 知っておきたいウェディングドレスの種類と体型別の選び方
       

ウェディング関連コラム

知っておきたいウェディングドレスの種類と体型別の選び方

幸せな結婚式を一層華やかにする、花嫁のウェディングドレス姿。ドレスを着る本人だけでなく、式の参加者もその晴れ姿を楽しみにしています。レンタルするにしろ購入するにしろ、数多くあるドレスの中から自分にぴったりの一着を探し出すのは大変ですよね。流行りのデザインもいいけれど、似合うドレスを見つけるためには自分の体型に合ったものを選ぶことがカギになります。ドレスの種類と体型別の選び方をまとめました。

ウェディングドレスの種類

ドレスは、シルエットごとにその種類が分類されています。主なシルエットは7種類。それぞれにどのような特徴があるのかを見ていきましょう。裾がふんわりと広がるようなシルエットとしては、aラインとプリンセスライン、そしてベルラインがあります。

aライン

aラインとは、シンプルですっきりとした上半身と徐々に広がっていくスカート部分が特徴です。アルファベットのaのような形に見えることからそう名付けられました。ウエストマークの位置が高く、脚が長く見えるのが嬉しいドレスです。

プリンセスライン

プリンセスラインは、名前の通りお姫様のような形のドレスです。スカート部分が大きく広がっているのが特徴で、過去にイギリス皇室のプリンセスがこの形を着用していたことからその名が一般的になりました。華やかで可愛らしい印象になります。

ベルライン

ベルラインは、英語で鐘を意味するベルから名付けられました。シルエットとしてはプリンセスラインに近く、大きく広がったボリュームのあるデザインになっています。ウエストが横のラインで区切られているのが特徴で、ロングだけでなくミニ丈で楽しむこともできます。
裾の形があまり広がらないデザインには、マーメイドライン、スレンダーライン、エンパイアラインがあります。

マーメイドライン

マーメイドラインとは、名前の通り人魚のようなデザインです。膝まではすっきりとタイトなシルエットで、膝下のみがふんわりと広がっています。身体のラインが出やすいドレスなので、女性らしさを強調したい場合におすすめです。

スレンダーライン

スレンダーラインは全体的にすっきりとしたシルエットで、エレガントな印象になります。

エンパイアライン

エンパイアラインは、スカート部分に膨らみがないすっきりとしたシルエットがスレンダーラインと共通しています。大きく違う点は、スカート部分の切り替えが胸のすぐ下にあるということです。脚を長く見せることはもちろん、身長も高く見せることができます。

各シルエットの特徴を踏まえて、体型別の似合うドレスを見ていきましょう。

体型別の選び方

身長が高いか低いか、痩せているのかふくよかなのか、胸は小さめか大きめかなど、百人いれば百通りの体型があり、どれも美しく素晴らしいものです。自分の身体がより綺麗に見えるドレスを選ぶことができれば、より一層ボディラインの美しさが際立ちます。

身長が低めならプリンセスラインやベルラインなどがおすすめ

身長が低めの方に似合うのは、脚を長く見せることができるプリンセスラインやベルライン、エンパイアラインです。特にウエストの切り替えが高い位置にあるベルラインやエンパイアラインは、足元にヒールの靴をプラスすることでより一層の脚長効果を得られます。
身長が低めの方で痩せている場合は、上半身はシンプルにしてスカート部分にボリュームを出すとメリハリの付いた美しいシルエットを作り出すことができます。上半身がシンプルだとデコルテや肩の華奢さを強調することができ、痩せている身体の魅力を引き出せます。
反対にふくよかな体型の方は、ウエストが引き締まって見えるようなデザインを選ぶとよいでしょう。上半身の女性らしいボリュームが元々あるので、ウエストを引き締めるだけでかなりメリハリが出ます。

身長が高めならマーメイドラインやaラインなどがおすすめ

身長が高い方におすすめなのはマーメイドライン、スレンダーライン、aラインです。身長が高いことをコンプレックスに思う女性もいるかもしれませんが、すっきりとしたシルエットからスカートにボリュームのあるデザインまで幅広く着こなせるのは高身長の特権です。
背が高く痩せ型の人は、マーメイドラインやスレンダーラインなどのドレスでは上半身が寂しい印象になってしまうこともあります。胸元に大きなモチーフがあるデザインを選ぶことで、下半身に向かってすっきりとした印象のシルエットになります。ボリュームのある袖のデザインも美しく着こなすことができます。
背が高くふくよかな体型の場合には、身長の高さを生かしつつメリハリの付いたシルエットを実現できるaラインがおすすめです。プリンセスラインほどスカートにボリュームがないため、全体的にすっきりとした印象になります。肩を出すようなデザインは、女性らしい美しい曲線をより一層引き立てます。

コンプレックスをカバーするドレス

誰しも自分の身体にコンプレックスを持っているものです。結婚式という晴れ舞台には、なるべく自信を持って臨みたいですよね。選ぶドレスによっては、体型のコンプレックスをカバーすることができます。コンプレックス別に選ぶべきドレスの特徴を見ていきましょう。

二の腕が気になる場合どんなウェディングドレスがおすすめ?

多くの女性がコンプレックスを持っている部分として、まず挙げられるのは二の腕ではないでしょうか。一度脂肪が付いてしまうと中々落ちにくく、できれば隠したい場所ですよね。二の腕をカバーしたい場合、肩や腕がタイトなデザインになっているものは避けましょう。おすすめは、襟ぐりを広く開けた上でパフスリーブやフリルをふんだんに使った袖口です。

いかり肩や肩幅が気になるならどんなウェディングドレスがおすすめ?

肩にコンプレックスを持っている人も多いはず。いかり肩や広い肩幅の方であれば、女性らしい華奢な肩のラインを演出するためにはオフショルダーがおすすめです。肩幅が広いからこそ、オフショルダーにすることで上半身がしっかりと見えるのでバランスが良くなります。また、胸元に大きいモチーフの付いたデザインであれば、肩から目線を逸らすことができます。

小顔に見せるなら鎖骨を見せるウェディングドレスがおすすめ!

最後に、顔が大きいことがコンプレックスの方には鎖骨を見せるようなデザインのドレスがおすすめです。顔周りに空間を作ることで小顔効果を生むことができます。更にスカートにボリュームを付けることでより一層顔を小さく見せることができます。ドレスの形としては、プリンセスラインやベルラインが最適です。
胸元にアクセントや大きめのモチーフが付いたデザインは、顔との対比でより一層顔を小さく見せることができます。アクセサリーは大ぶりなものを選んでしまうと首が詰まって見え、顔を大きく見せてしまいます。シンプルで小ぶりなものを選べば、女性らしい華奢な印象になります。

まとめ

結婚式に欠かせないウェディングドレス。主に7種類があり、それぞれに特徴があります。スカート部分が大きく広がっているデザインとしては、aライン、プリンセスライン、ベルラインがあり、華やかで可愛らしい印象になります。反対に裾が広がらないタイプには、マーメイドライン、スレンダーライン、エンパイアラインがありシックでエレガントな印象になります。

体型やコンプレックスによって、選ぶべきドレスも違ってきます。式の雰囲気や流行りのデザインであることも重要ですが、体型を基準に自分に似合うドレスを選ぶことで晴れ舞台に一番美しい姿で臨むことができます。自分にぴったりの一着に出会うための参考にしてみてくださいね。