• >
  • ウェディングドレスの必需品!ブライダルインナーの正しい選び方
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスの必需品!ブライダルインナーの正しい選び方

結婚式の準備ではウェディングドレスや着物などの衣装決めにヘアスタイル、披露宴の打ち合わせと忙しく過ごす内、後回しにしがちなのがブライダルインナーです。百貨店や専門店まで足を運んで選ぶ時間もなく、仕方なくネット購入やおさがりで対応する人も中にはいるでしょう。軽視しがちなインナーですが、自分に合ったインナーを着用することで、とても美しいシルエットが生れます。正しい選び方を知り、最高の花嫁姿の仕上げにしましょう。

あると無いとでは大違い!ブライダルインナーの効果とは?

やっとウェディングドレスが決まりほっとしたのも束の間、ドレスの最終チェック時にインナーを用意していないことに気づき、慌てて購入する人も多いのではないでしょうか。下着くらい普段着ているブラやガードルで代用できると思うかもしれませんが、専用のインナー/下着を着るか着ないかで、ドレスのラインやシルエットには大きな違いが出ます。さらに自分の体やドレスにあったインナーをきちんと選ばなければ、せっかく悩みぬいて出会った運命のウェディングドレスのシルエットを美しく再現することはできません。

ウェディングドレスの多くは、ウェストを絞ってバストを強調するシルエットを作ることで、女性の体を最大限に美しく見せるようデザインされています。普段から補正下着を着ている女性の中には、補正下着をブライダルインナーの代用として利用する人もいるでしょう。しかしドレスの上半身部分は、普段着る洋服とは違い体にフィットするため、補正下着がドレスに響きます。さらに補正下着はバストを持ち上げる目的で、アンダーバストが補強されているため、ドレスの胸の部分がもたついた印象になってしまいます。思わぬ出費で購入を諦めることのないよう、準備当初からドレスとセットでインナーも用意すると良いでしょう。

サイズ選びは慎重に!大きすぎても小さすぎても効果は半減!

ブライダルインナー/下着はドレスや小物と違い、外から見えることもないので軽視しがちですが、高いだけあってその効果を侮ることはできません。ウェディングドレスは見た目以上に、実際に着ると重量があります。また挙式や披露宴で、様々な動作をする内に少しずつ下がってきます。もちろん式場スタッフが適宜直してくれますが、そんな場合にサイズの合わないインナーを着ていると、下がったドレスからはみ出てしまうこともあります。

ドレスのデザインにもよりますが、特に人気の高いビスチェタイプは肩紐や襟などが一切ないため、ドレスの上半身についているホックだけでドレスを支えることになります。サイズの大きすぎるインナーでは、ドレスと一緒に下がってきてしまい、式に集中できないだけでなく気づかない内に、脇や背中のお肉がはみ出てしまい、始めはきれいだったシルエットも時間の経過とともに崩れていきます。

逆に小さすぎるインナーを着ていると、ただでさえ着慣れないドレスの圧迫感もあり挙式、披露宴と進む内に血流が悪くなり酸欠状態になります。緊張感もあり顔面蒼白や吐き気などで、せっかくの結婚式を楽しむことができないという残念なケースも意外と多くあるので、注意が必要です。

長時間着用できるよう事前に慣れておこう

ドレスが決まり、ブライダルインナーも購入し、試着や最終チェックを終えたら、あとは当日のために体調を万全に過ごすだけです。当日は初めての結婚式や披露宴で、思いの他緊張するものです。また、着付けやヘアメイクから始まり披露宴が終わるまでは、長時間に渡りドレスを着ている場合もあります。試着の際は気づかなくても、長時間インナーを付けていると徐々に圧迫感や違和感が出てくることがあります。

中には緊張や圧迫感から体調を崩す女性もいますので、ブライダルインナーを購入したら、当日に長時間着ることを想定し慣れておくようにしたいものです。自宅で数時間着用し、いろいろな動作や所作に対する着用感に慣れておくことをおすすめします。特にロングビスチェタイプのインナーは、立ったり座ったりする際の違和感に慣れておくことも当日をより楽しく過ごすために大切です。

まとめ

結婚式の準備において重視する部分は人それぞれですが、晴れの日に最高の自分を演出するためにも、自分にぴったりのブライダルインナーを選びましょう。ブライダルインナーの存在を急に知り、少しでもムダな費用を抑えたいと購入を躊躇する気持ちもわかりますが、上手に選べば2万円程度で揃えることもできます。数万円のために将来に渡って残る写真や、一生の思い出を苦いものにしないためにも、インナーの正しい選び方を知り最高の花嫁姿を披露しましょう。