• >
  • マタニティ必見!ウェディングドレス用下着の意味と重要性
       

ウェディング関連コラム

マタニティ必見!ウェディングドレス用下着の意味と重要性

マタニティだけど、出来る限りキレイにして結婚式に出たい。ウェディングドレスのシルエットやラインも重要ですが、妊婦さんの場合は専用下着を着用する事で美しく見えるのはもちろんですが大切な赤ちゃんを守る事が出来ます。とは言ってもいつから着用すべきなのか、どんなタイプがあるのか分からない事には自分に合ったタイプを選択出来ません。一生に一度のウェディングだからこそ、より美しく魅せたいと考える方に選び方を公開しています。

 

なぜブライダルインナーが必要なの?

ドレスや式のスケジュールについて話題にのぼる事はあっても、ブライダルインナーについて話し合う事はほとんどありません。その為、なぜ必要なのか、または着用する意味が分からないと言う方も意外に多い物です。

そもそもウェディングドレスは普通の服に比べると、形がはっきりしていて着崩しが出来ません。無理やり着崩すとみっともないですしドレスが壊れてしまうケースもあります。そこでブライダルインナーを着用する事で、身体をドレスに合わせて着やすくしてくれます。特に上半身が露出しているのがほとんどなので、胸や背中をキレイに補正すれば驚く程美しくなります。

 

どの期間から着用すべき?

マタニティの場合もブライダルインナーを着用すべきと言われますが、どの期間から着用すれば良いのでしょうか。式を挙げるタイミングにもよりますが、5ヶ月以上経過しているならブライダルインナーの着用をおすすめします。ちょうどお腹が目立ち始めてつわりも安定してくるので、式の一ヶ月前には購入しておくのがベストです。

5ヶ月以前でも着用しても問題はありませんが、ドレスはかなりきつく締め上げるので安定期を迎えていない身体だと気分が悪くなってしまう事もあります。その為、5ヶ月以前の場合は通常の下着で問題ありません。不安な場合は担当者へ相談するのが良いです。

 

ブライダルインナーの種類

補正下着と言えばブラとガードルですが、ブライダルインナーにはいくつもの種類があります。もっともポピュラーなのがブラジャータイプで、バストラインを美しく見せてくれます。下から支えるのでボリュームアップにも最適で、くびれを作るウエストニッパーと一体になっているタイプもあります。

しかしウエストニッパーはマタニティ専用で無いと、きつく締めてしまうので気を付けて下さい。他にも蒸れを防ぐフレアパンツやヒップアップ効果のあるガードルもあります。まずは自分の体形を客観的に見て、どうなりたいのかを分析していきます。その上で、ブライダルインナーを選べばリスクは低くなります。

 

ネット通販と実店舗はどちらがいい?

マタニティ用のブライダルインナーといえば、式場でも販売していますしネット通販でも購入出来ます。実店舗だと試着が出来て安心な反面、種類が少なく自分の好みを見つけるのが大変です。またマタニティの間は長時間出先にいる事自体負担になります。

ネット通販はネット環境があればいつでも製品を選べるので、つわりで外出出来ないと言う方にも安心です。サイズ表記や複数の写真が公開されていますが、試着が出来ないので不安が残るケースもあります。どちらも一長一短ですがサンプルを設けているネット通販だったり、出張で来てくれたりする店舗もあるのでメリット・デメリットを見据えた上で選択して下さい。

 

まとめ

結婚式で着用するウェディングドレスを着こなす為に着用するブライダルインナーですが、マタニティにもぜひ着用して欲しいウェアです。ビスチェやウエストニッパー、ガードルにフレアパンツと様々な種類があります。

5ヶ月以上からの着用がおすすめで、それ以前はつわりなどの兼ね合いで体調不良を起こす可能性もあります。ネット・実店舗どちらでも販売していますが、試着の有無やサイズや種類の問題があるのでメリットだけでは無く、デメリットも確認した上で選択して下さい。