• >
  • ウェディングドレスで後悔しない為にはスタイルにこだわるべし!
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスで後悔しない為にはスタイルにこだわるべし!

花嫁にとっては一生に一度の大舞台である結婚式は、多くの人に祝福してもらうイベントです。そんな大きなイベントなのに、自分の着たいドレスや小物を選ばずに妥協していては一生の後悔にもつながりかねません。自分に合ったドレス選びや、迷った時にどうすれば良いのかを事前に知っているだけでも選択の幅が広がります。ここではスタイルを含む、ドレス選びのコツと失敗しやすいポイントをピックアップしています。先人の意見を聞き入れて、素敵な結婚式を挙げてはみませんか。

 

多くのスタイルのドレスを試着

結婚式まで時間が無いので、ドレスの試着をせずにカンで決める。普段から自分の体型や雰囲気、コンプレックスを熟知しているのなら良いですが、中々そうもいきません。ウェディングドレス自体、普段着とは違う仕様なので普段の服選び感覚で選択するのもタブーです。しかも自分が似合うと思うタイプと客観的に見た現実が大きく違うケースもあります。

その為、出来るだけ多くのドレスを試着して自分に合うスタイルを見極めます。普段着用しない様なドレスだったり、カラーを選択したりする事でより選択肢が広がります。可能性は少ないよりも多い方にメリットが多いので、時間の許す限り納得行くまで試着することが好ましいでしょう。

 

迷ったらプランナーに即相談

別の項目でも説明した様に、自分が似合うと思っている物と現実が違うのはよくある話です。ウェディングドレスは普段着用しないので、どんなタイプが良いか分からないケースも多々あります。そんな時は遠慮せずにプランナーにどんどん相談しましょう。

プランナーは普段から多くの花嫁を見ていますし、客観的な意見をくれるので自分以上に似合うドレスを選んでくれます。トータル的な意見を出してくれる方もいるので、ドレスだけでは無く小物やスタイルを含めて悩み事を相談するのがベストです。仮にプランナーと合わない場合は遠慮せずに、替えてもらいましょう。

 

遠慮するのはNG

「このウェディングドレスは、なんとなく自分に合わなさそうだから。」「ここまで時間や手間をかけてもらって申し訳ないから。」といって遠慮するのは後悔の元です。今、自分の気持ちを抑えつけて式に臨んでもわだかまりを消す事は出来ませんし、後になってそれが大きくなってしまうケースもあります。

結婚式はいわば、自分の知り合いや親族に祝福をしてもらうイベントなので遠慮したり、妥協したりする事は失礼になります。とは言っても、自分の気持ちやスタイルを押し付けるのでは無く相手の意見や条件を確認し譲歩していく事で、素敵な結婚式になります。

 

小物にも気を利かせて

ドレス選びだけでもかなりの時間がかかってしまったので、他のアイテムを選ぶ余裕がなかった。そういったケースが存在することは確かです。、結婚式までのスケジュールはかなりハードなので途中で疲れてしまう事もあります。

ウェディングドレスはそのままでも、充分美しいですが小物を利かせる事でその美しさは何倍にもなります。仮に小物選びに疲れてしまった、または自分に合うものを選べないと言う場合は思い切って全てコミコミのドレスを選択するのもアリです。デザイナーがコーディネイトしているので、ドレスや小物に統一感があるので後悔する可能性が低くなります。

 

まとめ

晴れの日に後悔しない為、ウェディングドレスはしっかりと選ぶのがベストです。単に好みで選択するのも間違えではありませんが試着をせずに選んだり、時間がかかってしまうので妥協してしまったりするのはNGです。

どうしても自分で決められない場合はプランナーへ相談したり、ドレスから小物まで全て一式揃っているものを選択したりすると良いです。仲の良い友人や親族と一緒にドレス選びをするのも良いですが、プロに選択してもらう事で今まで知らなかった自分の魅力に気づく事が出来ます。