• >
  • ウェディングで失敗しないコツは前撮りのスケジュールにあった
       

ウェディング関連コラム

ウェディングで失敗しないコツは前撮りのスケジュールにあった

結婚式当日はたくさんのゲストにお祝いをしてもらうので、新郎新婦は時間がいくらあっても足りません。その為、事前に写真撮影をお願いする前撮りが一般的なのですが、しっかりとスケジュールを立てておかないと後々後悔する原因になってしまいます。また費用相場、おすすめの衣装やその選び方について知る事で自分に合ったものを選択出来る様になります。一生の思い出として残る大切な写真ですので、妥協せずに挑みたいものです。

 

前撮りのメリットは?

前撮りのメリットは、結婚式当日の演出になる事です。撮影した写真のデータを招待状やウェルカムボードにしたり、二人のプロフィールムービーで公開したり出来ます。当日は式とゲストへのおもてなしでバタバタしているので、時間がいくらあっても足りません。事前にスケジュールを立てて撮影する事でより美しい状態を残せます。

撮影場所のロケーションが選択出来るスタジオもあるので、和装やドレスだけではなく、ちょっと変わった衣装にトライ出来るのも前撮りの強みです。他にも家族全員での撮影やペットとの同伴も出来るので、良い思い出になります。

 

結婚式前撮りの費用相場をチェック

ウェディングにかかる費用は安くないのでそれなりの覚悟はしているという方が多いでしょうが、出来るだけ安い方が良いですよね。当日撮影する場合は写真撮影の費用も込みであるケースがほとんどですが、前撮り単体で行う場合は5~15万円が相場です。スタジオ・ロケーションでも費用は変わりますし、衣装によっても大きく変わります。

オプションとしてアルバム作成やカット数を選択出来るサービスもあるので、全て合わせると20万円前後と考えておくと良いです。但し早割や平日割引など多くのプランやキャンペーンを提供しているところもあるので、コストダウンを検討している方は調べてみるのも良いでしょう。

 

衣装の種類と選び方

好きなロケーションで撮影出来る前撮りは式を挙げないフォト婚としても人気があります。しかし衣装やロケーションをどの様に選べば良いのか迷ってしまいます。

定番としては和装・ドレスですが、和装にも複数種類があります。白で統一された白無垢は「結婚する相手の色に染まれる」と言う意味があります。様々な色や柄が入った打掛を色打掛と呼び、白無垢よりもカジュアルでありながら品格が出せる和装です。引き振袖は豪華な帯で、華やかな印象なのでフォトジェニックです。ドレスに関してもAライン、プリンセスラインをはじめ多くの種類があります。

 

当日までの流れ

前撮りをする際、当日までのスケジュールを把握し失敗の無い様に努めたいものです。まず式の半年前までには、ある程度のロケーションやシーン、衣装を決めておきその上でスタジオに目星をつけます。一般的に2~3ヶ月前に決めるカップルがほとんどですが、こだわりがある方はそれよりも早く決めておくのがベストです。

1~3ヶ月前からエステやサロンに通い始め、最高の状態で撮影出来る様に準備を始めます。当日はヘアメイクを行った後に衣装を着用します。プロが着付けをしてくれるので着崩れの心配はありません。スタジオ、または特定の場所まで移動して撮影を行いますが、平均2時間~半日程かかります。撮影が終わったら写真チェックを行います。

 

まとめ

式を挙げるカップルはもちろん、フォト婚のみもOKな前撮り。時間に余裕をもって最高の状態で撮影に挑めたり、思い出の場所や家族と一緒に撮影出来たりと多くのメリットがあります。費用相場は5~15万円でオプションを入れると20万円程度です。和装・ドレスにも複数の種類があり、自分に合ったものが分からない場合は試着して決めるのも良いです。半年前からスケジュールを立てておく事で当日バタバタする事はありませんし、良い状態で臨めます。