• >
  • シルエットでキメる!ウェディングドレスの選び方
       

ウェディング関連コラム

シルエットでキメる!ウェディングドレスの選び方

可愛いと思ったドレスを試着するといまいちピンとこなかったり、カタログでは素敵だったけれど実物を見るとイメージと違うと思ったりする。それはウェディングドレスのシルエットの問題である可能性もあります。一言でドレスと言っても多くの種類がありますし、デザインも様々です。そんな中で自分に合うドレスを選ぶ際、シルエットにこだわってみませんか?その選び方だけでは無く、どんな結婚式に合うのかを紹介しているので花嫁は必見です。

 

上半身から徐々に広がるシルエット

上半身が小さく、徐々に広がっていくシルエットのAラインは脚が長く見えるのはもちろんですが縦のラインが強調されるので低身長の方にも支持されているドレスです。基本的にどんな体型の方にも似合うドレスなので、Aラインはウェディングドレスの定番と言われています。

デザインもゴージャスからシンプルまで幅広いラインナップがあるので、どのタイプを選ぶか迷ったらAラインといわれています。
ロングトレーンタイプもあるので、ロイヤル・プリンセスに憧れている方からも支持を得ていますし、カラーも豊富なので体型・年齢を選ばず着用出来ます。

 

スタイリッシュなペンシルラインのシルエットが人気

ロイヤル・プリンセスも良いけれど人と差をつけたいと思う方、またはスタイルを活かしたシルエットのドレスを着用したいのならペンシルラインがおすすめです。このタイプは全体的にタイトなので、スレンダー且つ長身の方に似合います。シンプルなタイプだけでは無く大人っぽくエレガントなイメージがあるので、落ち着いた結婚式で着用されるケースもあります。

ドレスがシンプルなので小物で差をつけるとより個性的になりますし、素材にこだわるとよりシックな雰囲気になります。このラインはスリムライン、ナロールックと呼ばれる事もあります。

 

カジュアルなシルエットのセパレートは二次会にもぴったり

ウェディングドレスといえば、上下が一体になっているワンピースタイプがメインですが、近年から徐々に知名度を上げているのがセパレートタイプです。このドレスは上下が分かれていて、いわばツーピースになっているのでカジュアルな印象を与えてくれます。ホテルやレストランなどのカジュアルな式に良いですし、かわいらしいだけでは無くモダンなイメージの方にも良いです。

スカートがフレア・タイトどちらもあるので、洋服感覚でチョイス出来るのもこのシルエットの特徴です。但し選び方によってはカジュアルになりすぎてしまうので、格式の高い結婚式には不向きですしデザインによってはお腹周りが強調されるので要注意です。

 

若々しく可憐なシルエット

ベルラインはミニ丈とも言われていて、ひざ上のスカートで腰から裾が広がっているのでベルの様なシルエットになる事から名付けられました。このタイプはどんな体型の方でも問題はありませんが、脚が出るので自信の無い方にはおすすめしませんし大人婚や落ち着いた雰囲気の結婚式には向きません。

キュートで若々しい、はつらつとした印象なのでガーデンウェディングやレストランでの式に良いです。二次会にも着用していけるので、動き回る予定のある式にぴったりです。脚をより美しく魅せる為にアンクレットやパンプスにこだわるのもベストですし、カラードレスを選択するのも良い選び方です。

 

まとめ

多くのシルエットがあるウェディングドレスですが、定番のAラインは体型や年齢を選ばずにどんな方にも似合うシルエットです。シンプルな美しさがおすすめのペンシルラインや、人気急上昇中のセパレートライン、キュートなイメージの強いベルラインなど自分に合ったシルエットを見極める判断材料にして下さい。

結婚式の雰囲気や大きさ、着てくれるゲストから選択するのも良いですし選び方は十人十色です。ドレス選びで花嫁の魅力が決まるので、十分に吟味して下さい。