• >
  • ウェディングドレスの決め手は袖?種類と選び方
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスの決め手は袖?種類と選び方

結婚式は、花嫁が一番美しく輝ける最高の舞台です。そんな時に着るドレスだからこそ細部までこだわり、自分に似合うものを選びたいですよね。ウェディングドレスの印象を大きく左右するのはやはりスカート部分の形であると考えている人も多いのですが、実は袖もかなり重要なんです。ドレスの袖には複数の種類があり、その形ごとに名前が付けられています。それぞれにどのような特徴があり、どのような印象になるのか確認してみましょう。

袖の種類と特徴

そもそも結婚式で着用されるウェディングドレスは、袖や肩紐などが付いていないビスチェと呼ばれる形であることが多いもの。しかし最近では様々なデザインのドレスがあり、なりたいイメージに合ったスリーブデザインを選ぶというパターンが増えています。まずは形ごとの種類とそれぞれの特徴について見ていきましょう。

手首まで隠れる長袖のウェディングドレス

手首まで隠れるような長いタイプには、ロングスリーブとベルスリーブがあります。ロングスリーブは名前の通り長く、腕にぴたりと張り付くようなデザインが多いのが特徴です。肌の露出を抑えることができます。
ベルスリーブとは、手首に向かって広がるようなデザインのスリーブのこと。手首のあたりで大きく広がるので、その分手首を細く見せることができます。
また、ベルスリーブの一種にはパゴタスリーブというデザインがあり、肘まではタイトでその先だけが広がっているというものです。メリハリのついたシルエットで腕を細く見せることができます。

半袖系のウェディングドレス

半袖に近いスリーブラインには、パフスリーブ、キャップスリーブ、フレンチスリーブがあります。パフスリーブは、肩をしっかりと隠すことができる長さでふんわりと丸く膨らんだデザインになっています。プリンセスのようなシルエットで、二の腕が気になる場合はカバーすることができます。
キャップスリーブは、まるで肩に帽子を被せたようなデザインが特徴です。パフスリーブよりも短く、肩の上部のみが隠れるのでなで肩の場合にはバランスが良く見えます。
フレンチスリーブは、肩の部分には切り替えがないごく短いデザインのことです。特にゆったりとしたものは、肩回りを華奢に見せてくれます。ただし肩幅を広く見せてしまうので、肩幅の狭い人であればバランスが良くなります。

ノースリーブタイプのウェディングドレス

袖のないデザインのノースリーブは、ビスチェタイプに次いで腕の露出が多くなります。二の腕が気になる場合には避けたいデザインですが、逆に腕を出すことですっきりと見える場合もあります。

種類別のイメージ

スリーブデザインごとに、着用イメージも異なります。ドレスは式の雰囲気や会場に合わせたものを選びたいですよね。それぞれのイメージについて把握しておきましょう。

ロングスリーブ

ロングスリーブは、イギリス皇室の結婚式でも着用されるなど近年特に人気の高いデザインです。肌の露出が少ないため、上品でクラシカルなイメージになります。高貴な印象に仕上がるので、大きな教会やホテルでの挙式に向いています
また、ロングスリーブには手首までが隠れる長さの他に、七分丈や五分丈のものもあります。七分丈も上品なイメージですが、五分丈は肘のあたりまでの長さになるのでカジュアルな印象になります。レースのロングスリーブは肌が透けて見えるので、女性らしさをアピールすることができます。ベルスリーブは、ふわふわと広がった袖が優しげでエレガントな印象になります。

パフスリーブ

パフスリーブは肩の部分がふんわりと丸みを帯びており、おとぎ話に出てくるお姫様のようなシルエットになります。華やかで可愛らしく、ドレスの王道ともいえるクラシカルなデザインです。ドレスそのものがシンプルでも、パフスリーブというだけで目を引きますよね。

キャップスリーブ

キャップスリーブは肩の上の部分にのみ丸みがあります。ウェディングドレスを着る際は上半身をしっかりと見せることでメリハリのあるシルエットになるため、肩幅の狭い人やなで肩で悩んでいるという方はこのキャップスリーブで肩幅を広く見せることが大切です。

フレンチスリーブ

フレンチスリーブは、肩が少しだけ隠れる丈で女性らしく、清楚なイメージにしたい時におすすめです。レースが使用されたフレンチスリーブは可愛らしい印象になります。

ノースリーブ

ノースリーブは肩回りが露出するデザインです。露出が多いのでウェディングドレスらしいデザインであるといえます。教会での挙式から、カジュアルなガーデンウェディングまで幅広いシーンに対応することができます。

選び方のポイント

ドレスのスリーブラインを選ぶ際に重要なポイントとは一体何でしょうか。挙式の場所や雰囲気、体型に合わせた選び方をご紹介します。

挙式のスタイルに応じて選ぶ場合、特に重視したのが式を挙げる場所についてです。伝統的な雰囲気の教会や、大きなホテルでの披露宴の場合には気品のあるスリーブがおすすめです。これぞウェディングドレスという王道のデザインを選ぶと良いでしょう。おすすめは上品な印象になるロングスリーブや、華やかでクラシカルなパフスリーブです。反対に、あまりカジュアルすぎる印象のデザインだと会場で浮いてしまうこともあります。

ドレス全体のデザインにもよりますが、ロングスリーブでも五分丈のものや、ノースリーブの中でもキャミソールタイプのものはリラックスした印象になりますので注意が必要です。あまり肌の露出が多いと保守的な教会では好まれない場合がありますので、長いグローブやショールなどで肌をカバーすることも考えましょう。

最近増えている、リゾート婚やガーデンウェディング、レストランでのパーティー形式の挙式を行う場合には、基本的にどのようなドレスでも問題はありません。会場の雰囲気や式のテーマに応じて、ぴったりのスリーブラインを選ぶことができます。ベルスリーブはエレガントでありながらリラックスした雰囲気を出せますので、気軽な式にもおすすめです。

体型に応じてスリーブラインを選ぶこともあります。肩や二の腕などのシルエットをどう見せるかに大きく影響してきますので、コンプレックスがあればそこをカバーできるようなものを選ぶようにしたいですよね。

肩幅の広さが気になるという人は、フレンチスリーブは避けるようにしましょう。このデザインは肩幅を広く見せてしまうので、肩まわりが必要以上にがっちりとして見えてしまいます。

また、二の腕を隠したいという人も多いはず。そんな人にはパフスリーブがおすすめです。二の腕全体をすっぽりと隠せるような長さのあるものは、膨らんだスリーブラインとそこから出る腕が対比されほっそりとして見えるという効果があります。

ただしここで注意したいのが、二の腕の途中までしかない長さのパフスリーブは逆に腕を太く見せてしまう可能性があるということです。また、どうしても気になる部分は隠したくなりますが、あえてノースリーブで二の腕を全て出すことですっきりと見える場合もあります。

まとめ

ドレス選びの重要なポイントである袖のデザイン。様々な種類があり、なりたいイメージや挙式のスタイルに合わせてぴったりなものを選ぶことがポイントです。手首まで隠れるような長いものからノースリーブタイプのものまで、肌の露出の度合いも異なるので理想通りの一着を見つけたいですよね。

肩や二の腕にコンプレックスがある場合には、それに合ったデザインを選ぶことでカバーすることができます。スカート部分のデザインと合わせて、全体の雰囲気を見ながら決めるようにしましょう。