• >
  • 40代花嫁に本当に良く似合うウェディングドレスは?
       

ウェディング関連コラム

40代花嫁に本当に良く似合うウェディングドレスは?

最近は40代になってから結婚する女性も増えてきました。経済力や知力を兼ね備えた大人の女性も多く、ホンモノや上質なものを知り、おしゃれにもお金を惜しまない女性もいるでしょう。しかし年齢が上がることで、ウェディングドレスを着ることに消極的になる女性が多いのも現実です。そんな悩めるアラフォー女性にこそ良く似合うウェディングドレスは、どのようなポイントで選べば良いでしょうか。

憧れと現実は違う!チャームポイントを知ることが重要

女性なら誰でも子供の頃にお姫様のようなウェディングドレスに憧れたはずです。大人になるにつれて本物に出会う機会も増え、少しずつその好みも変わっていきます。40代花嫁に本当に良く似合うウェディングドレスを選ぶ際は、自分の体形やチャームポイント、ウィークポイントを知ることが大切です。昔から憧れていたドレスが、今の自分に本当に似合うものとは限りません。

誰でもきっと自分のチャームポイントや自慢できる部分があるはずです。下半身には自信が無いけど、きれいな鎖骨が自慢という女性、若い頃から続けてきた入念な肌ケアで手に入れた、キメの細かな肌は誰にも負けないなど、自分の好きな部分をより引き立てられるドレスを見つけましょう。

また40代女性相応の自然なシワやシミは必ずしも隠すべきウィークポイントとは限りません。アラフォーならではの落ち着きと自信をまとった、かがやく花嫁になるためのエッセンスになることでしょう。

40代だからこそ上質で本物のドレスが着こなせる!

大人になるにつれ、子供の頃に絵本で見たお姫様のようなドレスから、シンプルだけど上質なものへと趣向が変わっていくものです。海外のロイヤルウェディングのようなクラシカルで格調高いドレスに憧れるアラフォー女性も多いでしょう。女性なら、かつて憧れていたような華やかなウェディングドレスも捨て難いかもしれませんが、大人になったからこそ身に付いた審美眼で上質なものや本物にしかない価値を見抜き、本当に質の良い一着を見つけましょう。

年齢を重ねたからこそ着こなせる、上質なドレスがあります。またこれまでに得た数々の経験は、必ず表情や立居振舞に表れます。シンプルでも質の良いドレスを選ぶことで、アラフォー女性を輝く本物の女性へと引き上げてくれます。またゲストや友人も同じくアラフォー世代が多くなるため、ぜひドレス以外の小物やアクセサリーにも本物やハイブランドをさりげなく取り入れられると良いでしょう。

露出度を押さえて上品で気品高い大人花嫁を演出

アラフォー女性がウェディングドレスを選ぶ際に最も避けたいのは、華やかでゴージャスなドレスのデザインに頼り、アラフォーだからこそ放つことのできるシックで落ち着いた雰囲気を壊してしまうことです。年齢が上がればそれだけ知識や経験も増え、表情にも自信や落ち着いたオーラが出てきます。その上品な落ち着きをさらに魅力的に見せてくれる気品のあるドレスを見つけられると良いでしょう。

ドレスのデザインを選ぶ際も、工夫が必要です。一般的には露出度はほどほどにし、上品で清潔感のある印象にしたいものです。ドレスのデザインによっては、20代女性よりもアラフォー女性だからこそより魅力的に着こなせるものもたくさんあります。特にインポートもののドレスには、大きくカットの入ったバックデザインのドレスが多くあります。このようなデザインの場合、若い花嫁では少々艶めかしさが出すぎてしまう場合もあります。デザインによって背中や胸元など、露出度の高いドレスを美しく着こなせるのも大人花嫁ならではでしょう。

まとめ

大人花嫁に似合うウェディングドレス選びは、好みや流行だけでなく、ありのままの自分を知ることが最も重要です。年齢に合ったデザインや質のドレスを選ばなければ、イタい花嫁と映りかねません。40代だからと悲観的になったり、無難なドレスを選んだりする必要は全くありません。どんなに年齢を重ねていても、自信を持ち堂々と振る舞う女性は、内面からの輝きを放っているものです。そのことに、自分自身がまず気づく必要があります。ぜひ大人女性に似合う運命の一着を見つけてみて下さい。