• >
  • ウェディングで使う小物を手作りしたい!おすすめアイテムをご紹介
       

ウェディング関連コラム

ウェディングで使う小物を手作りしたい!おすすめアイテムをご紹介

結婚式を行うにあたって、演出するためのアイテムは意外と多くあります。既製品で揃えることももちろん可能ですが、一部のアイテムだけでも自分たちで手作りすることができたらより一層オリジナリティが出せますし、ゲストにも楽しんでもらえること間違いなしです。自作することでちょっとした費用を抑えることができるので、浮いたお金を別の企画に回すこともできちゃいます。このサイトでは、手芸や工作が苦手という方でもチャレンジしやすい小物のアイディアをご紹介していきます。2人のスペシャルなひと時を演出するための参考に、ぜひご活用ください。

ウェルカムアイテム

ゲストが結婚式会場に到着し、式までの間にくつろぐことができるウェルカムスペースの演出は、2人からの心のこもったお出迎えとして大切なポイントです。既製品や定番のアイテムで飾ることももちろんできますが、せっかくならオリジナリティが溢れる手作りアイテムを置くことで2人らしい空間を作ることができます。

代表的なアイテムとして人気なのがやはりウェイティングボードです。2人からのメッセージや写真などを配置し、フレームなどをお好きな材料でデコレーションして作れる定番アイテムです。定番とは言ってもアイデア次第でデザインは無限大なので、シンプルで洗練されたイメージにしたり、カラフルな色使いで華やかにしたりと、2人の案を合わせて素敵な作品を作ることができます。

具体的におすすめの材料は、花嫁のドレスやブーケを連想させるような花や植物でボタニカルな演出、キラキラと透明感のあるガラスやナチュラルなストーン、貝殻など、立体感があるアイテムです。インパクトもあり二人らしさも伝わる素敵なウェルカムボードになること間違いなしです。

ボード自体も平面である必要はないのでリースやツリータイプなどをディスプレイするのも楽しい演出の1つです。ボードの素材感を工夫して木製やコルク、布にパッチワークを施すなど凝った作り込みも可能です。

ウェルカムスペースを飾るアイテムはボードだけでなく、ゲストが座ってくつろぐことができるオリジナルクッションやブランケットなども気遣いがあって素敵な演出です。1から縫製をするという気合いでももちろんオッケーですが、最近はネットやプリントショップなどで簡単にシンプルな布製品にプリントができるサービスがありますし、シンプルなクッションカバーに布用ペンやスタンプで思い思いのデコレーションをしても楽しいです。結婚式で使い終わった後は思い出として持って帰れるのもこのようなアイテムのいいところの1つです。

ブライダル小物

ブライダル小物には様々な種類があります。気軽に作ることができてインパクト大なのがフラワーシャワーの応用です。折り紙をクラフトパンチで好きな形に切り抜くだけなので誰でも簡単に行うことができます。折り紙の紙質や色、クラフトパンチの形にこだわることでオリジナリティも出すことができます。

その他にも、リボンや羽などといった素材を使用しても綺麗ですし、更に凝った演出では、紙テープを折って星型を作るものや折り鶴の演出です。折り鶴の場合は和紙やちりめん折り紙などを使用することで雰囲気が高まり和装ウェディングにもぴったりです。

本格的にリングやドレスの製作に挑む人も中にはいますが、あまり経験がない人にとっては少しハードルが高いと思いますし、忙しい準備期間の中で万が一失敗してしまったら取り返しがつかない状況にもなりかねません。事前にスケジュールに余裕を持った上でスクールなどに通いながら技術を習得していくことで、憧れのDIYウェディングを実現することができます。

ドレスの手作りまでは自信がないけど何かを作りたい、という方におすすめなのが、ちょっとした手芸感覚でできてインパクトもあるのがリングピローです。カップルがリング交換まで置いておくための小ぶりのクッションは、ゲストの目にもつきやすいですが、その小ぶりなサイズ感から比較的簡単に作ることができるのでおすすめです。

カラーは、結婚式の定番である真っ白やサムシングブルーも人気ですし、装飾アイテムとしてレースやリボン、ビーズなどで飾っても素敵です。デザインに自信がないというでも、必要な材料がセットになったキットも売られているので、失敗せずに手軽にチャレンジしたいという方は活用してみてはいかがでしょうか。

ペーパーアイテム

結婚式で使用するペーパーアイテムは数多くあり、自作のものを用意するカップルも多くいます。結婚式の前からゲストに楽しんでもらえる招待状や、席次表、テーブルに置く席札、そしてお料理のメニューなどの選択肢があります。いくつかのアイテムに絞ってもいいですし、全アイテムのデザインを揃えても統一感があり、雰囲気もより一層アップします。

プリントをするタイプのものであれば、取り入れたいイラストや色、フォントなどのデザインを考えてオーダーすることですぐに作ることができます。1からデザインするのはちょっと自信がないという方でもセミオーダーメイドで作ることができるサービスを行なっている会社もあるので、無理なくできる範囲でチャレンジすることができます。

凝ったものにこだわりたいという方は、着色を自分たちで行ったり、手作りスタンプなどでアレンジを加えるなどのプラスアルファの装飾もアリです。その他、花嫁のブーケなどで使用する予定の花とお揃いのイラストや実際の花など取り入れたデザインも統一感が生まれるためおすすめです。

装飾アイテム

会場を楽しく華やかに飾る装飾アイテムも作ることができます。ここ最近のトレンドは写真撮影でも盛り上がるフォトプロップスです。手持ちができるスティックの先にヒゲやメガネ、リボンやキスマークなど、お好きな飾りを印刷したパネルを貼り付けるだけでできてしまうアイテムです。会場の装飾だけでなく思い出の写真としても残すことができるため、一石二鳥のアイテムです。

意外と作るのが簡単で、雰囲気もグッとアップするのがキャンドルです。100円ショップなどで売られているシンプルな棒ろうそくを湯せんで溶かし、クレヨンなどで色付けするだけなので、物作りが苦手な方でも簡単に見た目も素敵なキャンドルを作ることができます。キャンドルの炎には、天使が宿るという古くからのエピソードもあるので、このようなハッピーアイテムを更にDIYでロマンチックな雰囲気を高めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

業者に頼まなくても作ることが可能なブライダル小物は、今回ご紹介したアイテム以外にも多くの種類があり、アイデア次第では他にはないインパクトのある演出をすることができるので、2人にとってはもちろんのこと、祝福してくれるゲストにも思い出に残る時間を作ることができます。

とはいえ、結婚式の準備は何かとやることも多く、その上に手作りアイテムを制作するとなるとなかなかハードになりがちです。計画的に行わないと楽しさよりもストレスになってしまう危険性があるため、どのようなものをどの程度力を入れて作りたいかなどを事前に2人で話し合った上で、最高のひとときを作りあげましょう。