• >
  • ウェディングに欠かせない招待状の返信マナーとは?
       

ウェディング関連コラム

ウェディングに欠かせない招待状の返信マナーとは?

結婚式が決まった新郎新婦にはやることが山積みです。式場の手配や式の構成決めはもちろん、ゲストに招待状を出して参加者を確定するのがかなり大変なんです。そんな招待状ですが、受け取った方はどうすれば良いのでしょうか。書き方のルールや、いつまでに返事をすればよいのかなどの基本的なマナーについて知らないと、せっかく招待してくれた新郎新婦に迷惑をかけてしまうことも。押さえておきたい基本のマナーについてご紹介します。

返信はいつまでにするべき?

招待状が送られてきた場合、いつまでに返信をするのがマナーなのでしょうか。通常、招待状にはいつまでに返事をすれば良いのかの期限が書いてあります。その期限内に出席か欠席かの返事をすることはもちろんですが、なるべく早く返信をするのが好ましいでしょう。

新郎新婦は招待状の返事で式に参加する人数を確定します。期限内であれば問題はありませんが、料理の手配や引き出物の数の確定などを行わなければならないので、新郎新婦側としては早ければ早いほど嬉しいものです。そういった事情も踏まえて、早めに返事を送ることを心がけるようにしましょう。

式は基本的に、招待したゲストの参加できる人数が多いだろうと見込める日程で行われます。しかし仕事をしていたり、事情があったりすればなかなか出席か欠席か決められないということもありますよね。招待状に書かれている期限内に返事をすることが難しい場合には、電話やメールで新郎新婦に一報を入れるようにしましょう。

一番避けるべきなのは、予定が分からないからといって返事を保留のままにすることです。連絡をしなければ、出席か欠席かはもちろんのこと、今あなたが出席するために予定を調整しているのかどうかさえ新郎新婦側には分かりません。新郎新婦が招待状を送ってくれたということは、式に出席して欲しいという気持ちがあるからです。

様々な事情はあるでしょうが、招待状に返事をしないでいるのが最大のマナー違反であるということを心得ておきましょう。返事を送らなければ勝手に欠席として扱ってくれるだろう、今予定を立てているところだと思ってくれるだろうと勝手に判断をせずに、今の状況を新郎新婦に伝えるようにしましょう。

書き方の基本ルール

招待状は基本的に、出席か欠席かに丸をしてそのまま送り返すタイプのハガキになっていることが多いものです。しかし書き方にはルールがあり、単にどちらかに丸を付けてポストに投函するだけではいけません。

まずは、使うペンの種類についてです。ご祝儀袋は基本的に筆ペンなどの毛筆で書くのがルールですが、招待状も同様に毛筆か万年筆で書くのが望ましいです。インクは、グレーを使用すると葬儀などの不祝儀を連想させてしまうため黒で書くようにしましょう。ボールペンでも良いですが、その場合でもインクは黒にします。

出席か欠席か、どちらに丸を付けるのであっても線を引く必要があります。まずはハガキの表面には、新郎新婦の名前が書いてありますがその後が「様」ではなく「行」になっています。「行」に二重線を引き、「様」に直しましょう。裏面には、出席か欠席かを書く欄があります。出席する場合には、「御出席」の「御」を二重線で消して「出席」の部分を丸で囲むようにします。

欠席の場合にも同様に「御欠席」の「御」を二重線で消しましょう。また、自分の住所や名前が書いてある場合には、名前や住所の前に付いている「御」などを二重線で消すことも忘れずに行います。この時、線を引く場合にはフリーハンドではなく定規を使うことでより丁寧になります。

出席をする場合、二重線で消した「御」の横に「慶んで」と書き添えるようにします。欠席の場合には、同様に「御」を消した後で横に「残念ながら」と一筆書くと良いでしょう。単にどちらかに丸をつけるだけでももちろん良いのですが、出席の場合にはお祝いの気持ちを、欠席する場合には出席できずに残念だという気持ちを表明することになります。また、出席でも欠席でも丸で囲んだ後に「させていただきます」と付けるのが丁寧です。

お祝い事の場合には、終止符を打たないという理由から文章に句読点を使いません。返事を書く場合にも、なるべく句読点を使わないように意識すると良いでしょう。

メッセージは必要?

招待状に返事をする場合、短いメッセージを添えるとより丁寧だと言われています。ただし、このメッセージは本当に必要なのでしょうか。

基本的に、きちんと返信の書き方のマナーを守ってさえいればメッセージは無くても失礼ではありません。ただし、お祝いをするという気持ちを表すためには一言お祝いのメッセージを書き添えると良いでしょう。メッセージを書く場合には、あまり長く書くのではなく2行から3行程度の短いものにするようにします。どういった内容にするかは、新郎新婦とどの程度したしいのかによって変わってきます。いくつか例文をご紹介しましょう。

新郎新婦とどのような関係性であったとしても使えるのが、お祝いの言葉のみをメッセージとして書くというパターンです。「ご結婚おめでとうございます」の後に、「お招きいただきありがとうございます」や「慶んで出席させていただきます」などの文章を書き添えます。

結婚するのが友人でも、会社の同僚などでも使えるメッセージです。もしも新郎新婦が友人の場合には、もう少し砕けたメッセージにしても良いでしょう。新婦に対して「花嫁姿を見るのが楽しみ」という旨の言葉を添えることも多いです。

欠席の場合にも、一言メッセージを添えるようにしましょう。メッセージで欠席の理由をはっきりと述べるのは、その理由がおめでたいことである場合のみです。例えば出産の予定が結婚式と重なっているなどがこれに当たります。また、どうしても外せない仕事や海外出張なども理由を書き添えても良いでしょう。

反対に、欠席理由が弔事などの不祝儀であった場合や、病気や怪我をしている場合などは理由ははっきりと書かないようにします。欠席の場合には「ご結婚おめでとうございます」の後に、欠席の理由を添えて結婚式の成功を祈るという内容にするのが一般的です。明記できない理由での欠席の場合には、「よんどころない事情のため」などと言葉を濁すようにし、出席できずに残念だという意味の内容を書き添えるようにしましょう。

ウェディングの招待状には、新郎新婦の気持ちがこもっています。ないがしろにせず、真心を込めて一筆添えることで出席や欠席に関わらずお祝いの気持ちを伝えることができますね。

まとめ

ウェディングには欠かせない招待状。その返信の仕方には、使う文房具や線の引き方などの細かいルールがあります。新郎新婦に対してお祝いの気持ちを伝える最初の手段になりますので、なるべく丁寧で素早い返信を心がけたいですよね。

メッセージを書くべきかどうかなど悩む部分もあるかと思いますが、何よりも決められた期限内に返事を出すことが大切です。新郎新婦側は招待状の返信から式の参加人数を確定するので、もしもギリギリまで予定が分からない場合にはハガキではなく電話で連絡を入れておくということも忘れないようにしたいですよね。