• >
  • それぞれに意味がある!色打掛の柄の持つ意味と似合う着物の選び方
       

ウェディング関連コラム

それぞれに意味がある!色打掛の柄の持つ意味と似合う着物の選び方

ウェディングドレスやカラードレスは、比較的自分の好みがはっきりとしていて選びやすい一方で、和装となるとどう選べば良いかわからなくなる女性が多いのではないでしょうか。レンタルショップのコーディネーターや自分の母親のアドバイス、見立てに頼る花嫁も多いと思いますが、色打掛にはよく使われる色や柄があります。それぞれの意味を理解すると、自分の好きな着物や似合う着物を見つけやすくなります。

おめでたい柄!吉祥文様とその種類

吉祥文様は婚礼用の和装に多く使われる定番の模様で、吉祥には縁起の良いこと、繁栄などの意味があります。近年人気の高いモダンな和装にも吉祥文様がひとつはあしらわれていることが多いので、自分の好きな柄を見つけて選ぶのも良いでしょう。

代表的な吉祥文様には鶴があります。鶴は生命力や長寿の象徴であるとともに、一度決めたパートナーと生涯連れ添うという特徴にあやかり、夫婦の幸せを願う意味も込められます。平和の象徴として飛鳥時代から描かれてきた鳳凰も吉祥文様のひとつです。そして松竹梅も吉祥文様の中では定番の柄で、梅は寒い季節に花を咲かせることから、忍耐や美しさの意味が込められています。同じく松や竹も雪や寒さの中でもまっすぐ伸び、緑を絶やさないことから厳しい中でも笑顔を絶やさない強い女性の意味が込められるおめでたい柄です。他にも花車や四君子などがありますが、選ぶポイントとしては柄の配置や大きさに注意が必要です。

着物は全身に柄が配置されているものが多いので、低身長の女性は細かな柄が同じ間隔やリズムで配置された色打掛がおすすめです。また無地の部分がある程度あった方が、低身長や華奢な女性を美しく彩ります。逆に背の高い女性は、着物の柄が見える面積が多いので、牡丹や菊など大き目の柄が良く映えます。足元に向かって色味の濃くなるグラデーションの着物なら、より一層締まった印象に見せることができるでしょう。

伝統的な古典柄!有職文様とその種類

有職文様は中国の唐の時代に伝わった柄を日本風にアレンジしたもので、平安時代には公家や学者、僧侶などの有識者の装束や調度品に使われたことから有職文様と呼ばれます。平安時代には高貴な柄として貴族の間で愛された格調高い文様で、六角形や円などの幾何学模様が特徴です。

代表的な柄に亀甲文や丸文、花菱文などがあります。亀甲文は正六角形が上下左右に並んだ幾何学模様で、平安時代以来公家の調度品や輿車などに使われた歴史の深い古典柄です。丸文に描かれる円は、起点も終点も無いことから永遠や無限をイメージさせるおめでたい文様です。愛らしい柄が特徴的なので和装や着物に興味の無かった花嫁にも取り入れやすい柄です。花菱文は菱形の中に花びらが4枚描かれている柄で、この菱形が幾何学的に連続して配置されています。

平安時代には一部の高貴な人しか使用することを許されなかったことから、上品で高貴な文様のひとつとなっています。有職文様は全身に小さな幾何学的な柄が配置されていますので、小柄な女性も背の高い女性にもよく合います。描かれている柄やモチーフの意味を知ることで、好きな着物を選ぶヒントになるでしょう。

季節柄を取り入れて粋な和花嫁になろう

色打掛にはたくさんの季節の柄が取り入れられています。四季折々の草木や花の柄は、日本人らしい繊細さと大胆な配置や色使いなど、魅力のたくさん詰まった柄でもあります。平安時代から季節に合った柄を取り入れた着物は人気があり、例えば桜の花であれば満開や散った後ではなく、咲き始める頃に着るというように、季節を先取りした着こなしが粋とされていました。季節柄の色打掛を選ぶ際は、季節に合った柄選びが大切になります。

春にぴったりの花には桜や牡丹があります。桜は古くから日本人に親しまれた花であるだけでなく、たくさんの花が芽吹くことから縁起の良い花とされます。牡丹は高貴さや女性の美しさを表現する花とされます。夏にふさわしい柄には、紫陽花や藤、竹などがあります。藤や竹は有職文様としても多く描かれていて、こちらも女性の強さや美しさを表現しています。

秋であれば紅葉や萩、菊、撫子などがあり、中でも菊の花は長寿や厄払いの意味があり、他の花よりも高貴な柄として愛されてきました。冬の結婚式なら、松や梅などが良いでしょう。寒い冬に咲く梅を描いた色打掛は女性らしさをより引き出してくれる可憐さと力強さが魅力です。四季に合った柄があるので、結婚式の季節に合わせた柄を取り入れて粋な花嫁姿をお披露目すれば、親戚や年配のゲストからも褒められるでしょう。

まとめ

和装に親しむ機会の少ない花嫁にとっては、色打掛をどう選べば良いか悩むところでしょう。古典柄や花など様々な柄や文様が描かれている点で、ウェディングドレスとは選び方が大きく異なります。自分の好み以外にも季節に合った柄の選び方をすることで、粋でハイセンスな花嫁姿を披露できます。柄のサイズも、小さめのものから大輪の菊や牡丹のように大きめの柄が描かれたものまで様々です。身長や体形によっても選ぶポイントは変わります。また色打掛は帯を締めた上に羽織るので、後ろ姿、特に帯の辺りに来る柄に注意して選ぶのも大切です。柄の持つ意味や由来を知って、ゲストに褒められる素敵な和装をお披露目しましょう。