• >
  • 披露宴のテーブルフラワーを予算以上に豪華に見せるコツ
       

ウェディング関連コラム

披露宴のテーブルフラワーを予算以上に豪華に見せるコツ

結婚式や披露宴ではウェディングドレスや料理、引き出物と決めなければならないことが山盛りです。披露宴会場を彩るテーブルフラワーもそのひとつですが、どんな雰囲気やテイストにしたいのか悩みは尽きない上に、理想通りのアレンジを作ろうとすると、予算をオーバーしてしまいます。実際には、テーブルフラワーだけにお金をかけていられないのが現実ですので、ちょっとしたコツで予算内に収まるような工夫が必要です。

手に入りやすい生花をふんだんに取り入れる

披露宴やパーティー会場には、美しいテーブルフラワーが欠かせません。使う花の種類や色、ボリュームなどで様々な雰囲気を演出できるのも、テーブルフラワーのメリットですが、ボリュームや豪華さを優先するとどうしても費用が高くなります。そんな場合、最もシンプルに費用を抑えられる方法が、旬のものを選ぶという方法です。

季節のものであれば、市場でも取引量が多く、比較的安価で手に入るのでおすすめです。あわせてかすみ草やガーベラなど、季節を問わず一年中手に入りやすいものを一緒に取り入れると良いでしょう。特にガーベラは様々な色が出回っていますので、希望の雰囲気に合わせて使用できます。

他にもカーネーションやトルコキキョウも年間を通して手に入りやすく、八重咲きでボリュームもあるので少ない量でも豪華に見せることができます。また隙間を埋めてゴージャス感を出すには、レースフラワーのように小さな花がたくさん咲くものや、ツタなどの葉っぱ類やグリーンを適宜取り入れると色のバランスも取ることができます。

造花やキャンドルなどで彩を添えよう

テーブルフラワーにはグリーンや旬のものを取り入れることで、予算を抑えられます。種類や色は指定せず、予算とだいたいの雰囲気やテイストを伝えて、あとは式場のプランナーやフラワーコーディネーターに任せると良いでしょう。

またイミテーションをうまく取り入れるのも効果的です。ウェディングケーキやナイフ、メインキャンドルなどの装花は、ゲストにしっかりと見られるものではありませんし、照明を落とした中であれば意外とイミテーションとは気づかれないものです。本物と見間違うほどきれいなものもたくさんあるので、高価な花や季節がら手に入りにくいものをイミテーションにするなど、ポイント使いをすることでボリュームアップができます。

花以外のアイテムを添えることで、テーブルを華やかに見せるのもおすすめです。きれいなキャンドルや、洋書などの雑貨類をそっと置くだけでも雰囲気が変わります。テーブルライナーを使うのもアクセントになり、フラワーアレンジだけよりもおしゃれにまとまります。

花器にこだわってテーブルを華やかに演出

テーブルフラワーの主役はフラワーアレンジだけではありません。花器も大切なポイントです。透明な浅い鉢状のガラスに、花を浮かべるだけでも、おしゃれな雰囲気に仕上がります。またティーポットやカップなどを使っても、かわいく仕上がります。片手サイズのごく小さな器に活けたアレンジをいくつか並べるのも素敵です。

普通にアレンジを作るよりも使う花の数も種類も少なく済むので、予算以上に華やかに見せられます。またゲストテーブルが長机なら、高さのある花器を並べて使うだけでも抜群の存在感を放ちます。和の雰囲気に仕上げたいなら、竹などの和素材のものを取り入れれば、予算を抑えながらおしゃれなテーブルフラワーが実現できます。

まとめ

披露宴には何かと費用がかかります。結婚式を挙げることになって、初めてフラワーアレンジが高いことを知る人も多いでしょう。どうしても使いたい花やこだわりがある場合以外は、プランナーに予算内で収まるようお願いするのが良いでしょう。使いたい材料がある場合でも、ポイントに使って他は安価で手に入りやすいものでカバーできます。予算をあまりかけられない場合には、例えばピンポンマムや芍薬など、存在感のあるものをひとつ取り入れると、貧相な雰囲気になることもありません。テーブルフラワーは工夫次第で、予算以上に豪華に見せることも十分可能なので、ぜひオリジナリティのあるテーブルフラワーを作って下さい。