• >
  • ウェディング準備でケンカ?失敗しないコツ
       

ウェディング関連コラム

ウェディング準備でケンカ?失敗しないコツ

結婚式を控えるカップルにおいてケンカが発生するということは耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。その規模の大小はあれど、60パーセントものカップルがケンカを経験するというデータもあります。2人の未来の人生のためには大切な機会でもありますが、いきすぎるとお互いにストレスがたまり過ぎてしまい、せっかくの幸せなひと時も台無しになってしまいます。このサイトでは、結婚式前の期間においてありがちなカップル間のトラブルを抑え、スムーズにお互いが気持ちよく準備を行っていくためのポイントを解説していきます。

なぜケンカになってしまうのか

長年の付き合いを経て婚約に至ったカップルでも、結婚式の計画となるとお互い初めての経験ということもあり思いがけない意見の対立が生まれる場合があります。今まで深く干渉する必要がなかったことでも、結婚となるとそれなりに大きなお金が動くことにもなりますし、人生に1度きりのイベントということもあり、譲れない価値観なども出てくる場合があります。

結婚式までに行わなければならないことも想像以上に多く、日常生活を送りながら2人の予定を合わせて進めていくことは中々ハードです。婚約から結婚式までの期間は人それぞれではありますが、準備期間が長いと中だるみをしてしまうこともあり、短いと忙しすぎるなど、長い短いは関係なくトラブルが発生するのはあまり珍しいことではないとも言えます。

また、マリッジブルーも原因の一つとして挙げられます。マリッジブルーは女性だけでなく男性にも起こり得る状態で、結婚を現実的に意識し始めることによって突然将来が不安になるなど、心理的に不安定な状況になる人も多くいます。そのようなタイミングは2人で異なることも多く、そのタイミングがずれることによってその時の精神状態やモチベーションに違和感が生まれてしまうのです。

費用の計画は早めに

お金の価値観もトラブルの元になりがちです。交際期間ではそこまで大きな問題にならなかったという人でも、結婚式のような大きなお金が動くイベントごととなるとお互いにこだわりたいポイントも出てくるため、意見の相違が生まれる可能性が高くなります。

そもそも結婚式全体にどれだけのお金をかけるのか、その内訳を大まかに話し合い、お互いに力を入れたいポイントが異なる場合には、どちらかが多く負担するなどの工夫も大切です。例えばドレスにお金をかけたい場合は女性が多めに負担、式での料理をこだわりたい場合は男性が負担するなどです。

お互いに目線が同じであれば問題ありませんが、意見の相違があった場合にぶつかってしまうと話が前に進まない原因ともなるため、費用の面も含めて許容しあえるようにしていきましょう。最初に予算などを決めた後でも、打ち合わせなどを進めていくうちにオプションなどの関係で費用が変わってくる場合もあります。そのような場合もその都度計画修正をするための話し合いを持つなど、2人の視点がブレないように軌道修正をしながら進めていくこともポイントです。

また、結婚式では資金に余裕がない分はご祝儀でまかないたいと考える方もいらっしゃると思いますが、その場合でも事前に費用を立て替える必要が出てきます。その場合はどちらがどのように立て替えるのか、またウェディングローンを組む場合はどのようなものにするのかは、早めに話し合っておくことが大切です。

役割分担を決める

陥りがちなケンカの原因として多いのが、2人で進める準備の負担がどちらか一方に偏りがちになってしまう場合です。よくあるパターンが、女性の負担の方が大きくなり、「私ばっかり!」となるパターンです。多くの傾向として、結婚適齢期にゴールインしたカップルの多くは、バリバリと仕事をしている世代でもあり、特に男性は仕事が忙しくなかなか結婚式の準備に労力をかけることができない場合もあります。

女性も最近では同じように仕事やプライベートでも忙しい方が増えてきましたが、男性に比べるとそこまでではない人が多いのと同時に、結婚式に対するモチベーションが高い傾向があるため、多少のハードスケジュールでも楽しく取り組めてしまうという違いがこのような現象を引き起こしてしまうのです。

全てを2人一緒に行う必要はないので、お互いの得意分野を生かして役割分担を決めておくのもスムーズに進められるポイントです。実際の準備に関わることだけでなく、忙しい時には家事も協力し合うなどの工夫をすることでストレスを抑えることができます。

両家の価値観を理解する

結婚は2人だけのものではなく、両家の繋がりも深まるイベントの1つです。そのため、2人の価値観のすり合わせはもちろんのこと、それに加えてお互いの家族の考え方や思いも理解をしながらお互いにとって納得のいくスタイルを模索していく必要があります。

そのための前提として、まずは新郎と新婦がそれぞれの両親の意見を汲み取る橋渡しの役割として、日頃からコミュニケーションを取っておくということが大切です。2人の意向をまとめた上でお互いの両親に相談し、相違があった場合にはその意見を持ち寄りお互いに改めて話し合いを行い修正を行っていくという方法です。時間や手間もかかる方法ではありますが、直接的にぶつかるのを避けることができますし、最も近しい親子間でのやり取りの方が話し合いも進みやすくなります。

元々は別の環境で暮らしてきた人たちが新たな関わりを持つとなると、お互いに今まで普通だと思ってきた行動や習慣が相手にとってカルチャーショックであるケースも意外と多くあります。その大きな差を少しでも縮めて理解を深めていくためにも、お互いがお互いの両親に対する潤滑油役として意識していきましょう。

普段の生活とのバランスを心がける

婚約から式までの期間は人それぞれではありますが、多くの人が「あっという間」という感想を持たれるようです。想像以上にやることが多い上、普段の生活を維持しながら進めていくことはそれなりに負担がかかります。かといって、休みの時間を全てウェディングの準備に費やしてしまうと、余暇を楽しむ時間や休息の時間のバランスが崩れお互いにストレスがたまりがちになってしまいます。

本来楽しいはずの準備期間がストレスによって不満が溜まってしまっては当日も気持ちよく迎えることが難しくなってしまいます。やるべきことが多く焦る場合もあるかとは思いますが、バランスを保ちながら計画的に進めていくように意識しましょう。

打ち合わせなども1人で行けるものは分担していくというのも予定が合いづらいカップルにおすすめの工夫です。ただし、その場合でも打ち合わせ前後の共有はしっかり行なっていきましょう。

まとめ

婚約から結婚式までの間は本来2人の未来に向かうためのハッピーでワクワクする時間、トラブルやケンカになって嫌な思いをするのは悲しいですよね。最悪の場合は婚約破棄に繋がってしまうというケースもなくはありません。自分の思いや意見だけを押し通すのではなく、相手に対して思いやりを持って接することが何よりも大切です。ちょっとした言葉遣いで相手の気持ちを良くも悪くもしてしまうため、日頃のコミュニケーションから意識して接することも大切です。

結婚式準備はやることが多く決して簡単なことではありませんが、このような期間を経てますます仲が深まるいい機会にもなります。2人で協力し合い、最高のウェディングを迎えましょう。