• >
  • トレンドだけではダメ!自分に似合うウェディングドレスの色とは?
       

ウェディング関連コラム

トレンドだけではダメ!自分に似合うウェディングドレスの色とは?

結婚を控える多くの女性にとって、ドレス選びはワクワクする楽しみであることと同時に、どういったドレスが自分に合うのかは悩みどころの1つでもあります。トレンドを抑えたい、人気のドレスを着たいという気持ちがある方ももちろんいるかと思いますが、自分にとってマッチするドレスのデザイン、カラーを選ぶのも素敵な着こなしには大切な要素です。その人が生まれながらに持つ肌や髪、目の色などといった総合的な要素にマッチするカラーであるパーソナルカラーを意識することで、あなたにぴったりのドレスを選択することができます。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは、顔、髪、肌や目の色などからマッチすると言われるカラーのことです。もともと生まれ持った雰囲気は年齢を重ねても基本的には変わることがないため、ご自身のパーソナルカラーを知ることで、普段のファッションやメイクなどと相性の良いカラーを見つけられるだけでなく、結婚式でのドレスアップやメイク選びにも参考にすることができます。

このパーソナルカラーを意識することで、不思議と顔のトーンがよくなる、顔まわりがすっきりと見える、目の潤いや髪のツヤ感が出るなど、単なる好みやトレンドだけでカラーを選ぶよりもより一層自分の魅力を引き出すことができます。例えば洋服を買いに行った時に、スタッフから単に「お似合いですよ!」とだけ言われるよりも「髪の毛のトーンや肌が落ち着いたカラーなのでこのボルドーがマッチしてます!」というような説明があった方が理由がわかるので腑に落ちますし、自分に自信が持てますよね。

このパーソナルカラーのベースとして、まずはウォームタイプとクールタイプの2つに分けることができます。ウォームタイプは肌の系統がイエロー系、クールタイプはブルー系のピンクに近いのが特徴です。メイク下地などのカラーでもこの2つのベースカラーがよく売られていますよね。

この2つのベースカラーから更に、春、夏、秋、冬の4つのシーズンに分けてそれぞれにおすすめのカラーをを分析していきます。春と秋はウォームタイプに属し、夏と冬はクールタイプに属します。

春のイメージカラーが似合う人

春のイメージカラーが合う人の特徴は、肌がアイボリー系、ヘアやアイカラーはライトブラウンなどの明るめの人です。若々しく活動的な印象があることが多く、そのようなイメージに合った可愛らしくビビッドなカラーをチョイスするのがおすすめです。

例えばイエローやオレンジなどのビタミンカラーは顔写りをはっきりとさせてくれます。カラードレスはハードルが高いという方は、人気のホワイトのドレスの中でも、アイボリーなどの少し黄味ががっているものをチョイスすることで顔映りもアップします。その場合にはヘアアレンジやブーケの色に、春に咲くようなカラフルな花を合わせることでもその効果を得ることができるためのもおすすめです。

逆にくすんでいる、暗い色味は顔の印象とマッチさせるのが難しいため、できれば避けるのが良いでしょう。

夏のイメージカラーが似合う人

夏のイメージカラーが合う人は、肌が明るいピンク系の美白肌の人が多い傾向にあります。ヘア、アイカラーに関しては赤みがかったダークブラウン、ソフトなブラックが特徴です。このタイプは日本人の女性に多いとも言われており、約半数にものぼるようです。

全体的に上品でエレガントなイメージを持つタイプなので、それに合った強すぎないパステルカラーのドレスがおすすめです。具体的にはやさしい印象のラベンダーブルーやローズベージュ、爽やかなシトラスイエローなど、顔に合ったカラーをチョイスすることで、肌の透明感がグッとアップします。付けられている名前にもあるように、ラベンダーや淡いローズなどのブーケを合わせても素敵です。

その他ヘアアレンジにも取り入れることができるかすみ草や時期によっては紫陽花もイメージがぴったりです。マカロンのようなパステルカラーだと可愛らしくなりすぎてしまって苦手という方は、少しグレイッシュなカラードレスにすることで大人っぽさを演出することができます。無彩系のものから少し色味が入ったものまで様々な種類がありますが、場合によっては地味になりすぎてしまう場合があるので、デザインも含んだ全体的な印象を見ながら選ぶなどの工夫をしましょう。

白いドレスを着る場合には、純白に少しグレーやクリームなどが混ざったオフホワイト系がおすすめです。他のイメージカラーの人の場合はドレスやブーケ、ヘアなどを同じ系統のカラーや同じトーンでまとめてしまうと全体の雰囲気がぼんやりとしてしまいがちですが、このタイプの人の場合は綺麗に調和するため、ぜひトライしてみてください。

秋のイメージカラーが似合う人

夏のイメージカラーが合う人は、肌がオークル系で質感がマット、ヘアとアイカラーはダークブラウンである傾向があります。シックで大人っぽい印象を持つため、それに合わせてカラーもリッチでディープなカラーとの相性が良いです。

例えば濃いめのオレンジやモスグリーンなどのカラードレスは少し個性的な印象を持たせながらも落ち着いたカラーが大人っぽさを演出してくれます。落ち着いた色味なだけに、秋口のウェディングにも最適ではありますが、それ以外の季節の場合はアクセサリーや会場のデコレーションなどでその季節を演出できるような工夫をしても良いかもしれません。また、カラードレスではなく白系を選ぶのもおすすめです。白と言っても様々なトーンや素材感がありますが、秋のイメージカラーが合う人は、真っ白ではなく少しベージュが入ったオフホワイトやシャンパンホワイトを選ぶと顔にマッチします。

逆に強いショッキングカラーや淡いパステルカラーなどは肌と喧嘩してしまう傾向にあるので、避けるのがベターです。

冬のイメージカラーが似合う人

冬のイメージカラーが合う人の特徴は、顔の印象が全体的にシャープではっきりとしている傾向があります。肌の雰囲気はバリエーションがあり明るい暖色系の肌の人もいれば、小麦やオリーブ系の比較的濃い肌の人もいます。ヘアやアイカラーに関しては真っ黒に近いカラーの人が多いです。

その人自身がはっきりとした印象を持つため、濁っていたり黄味が強いカラーなどは相性があまり良くないので、逆にはっきりとしたビビッドなカラーをチョイスするのがおすすめです。真っ赤や純白など、ウェディングでも人気のカラーが最も映えるのがこのタイプの方とも言えます。それだけでなく、光沢感のある素材などを選ぶことでより一層雰囲気にマッチするので、ドレス選びをする際にはデザイン、素材なども総合的に見ていきましょう。

まとめ

パーソナルカラーの考えを元にウェディングドレスのカラーを選択することで、いつも以上に肌質が良く見えたり、顔立ちがくっきりと見えたりする効果を得られるだけでなく、アクセサリーやメイクにも応用することができため、いろいろな場面で活用することが可能です。衣装合わせの際などにはわかりづらい場合でも、写真を撮って確認してみることでその違いに気づかれる方も多いです。また、ご自身だけでなくお相手やご家族、ご友人など、客観的な目でぴったりのカラーを見てもらうのも参考になるためおすすめです。

今回ご紹介したポイントを元に判断して見ても良いですし、本格的なチェックをおこなっているところもあるのでチェックしてみてください。