• >
  • ぶっちゃけウェディングドレスを高額で買取ってもらう話
       

ウェディング関連コラム

ぶっちゃけウェディングドレスを高額で買取ってもらう話

中古品の買取というには、今や当たり前のことになってきました。ではウェディングドレスはどうなのかというと、もちろん使用済みのものであっても、ドレスの買取も可能な時代です。となると、例えば自宅に保管してある古くなったウェディングドレス、もし買取してもらおうと思ったときは何を注意しておくべきなのでしょう。そして、できれば高額でお願いしたいのなら、どんなポイントがあるのでしょう。査定に出す前に確認しておくべきポイントなどと併せてご紹介します。

汚れやシミはもちろんシワや変色などのマイナスポイントがあっても買取可能

ご自宅に保管されているウェディングドレスがあるという方、そのドレスを確認してみましょう。どのくらいの期間保管していたものか、それによっても違いますが、汚れやシミ、シワや変色といった状態変化は起きていませんか?
ご想像の通り、こうした状態変化が起きているものの場合、そのドレスの買取金額が減額される可能性は高いのです。しかしシミや汚れ、シワや変色があれば全てが一律低いのかというと、そうでもありません。買取の際、ウェディングドレスの査定を行いますが、例えばその汚れなどが目立たない脇の下やドレスの内側といった場合には、金額の減額は少額で済む場合があります。
また単に買取業者ではなくリメイクによって再利用するといった業者の場合、汚れの位置からリメイク可能であれば減額されずに買い取ってもらえることもあります。マイナスポイントがあるからと諦めるより、まずは査定してみるのがオススメです。

ウェディングドレスだけでなく付属品もあれば一緒に販売すると高額買取が可能

ウェディングドレスの場合、ドレスだけでなくアクセサリーや靴、ペチコートなどのドレスに関連する、いわゆる付属品も存在していることでしょう。ドレスのシルエットをより良く見せるために必要なこうした付属品は、実はドレスの買取の際にもとても重要なのです。
例えば、付属品が添付されている場合に査定金額が高くついたというケースは多々あります。もちろん無いからといって減額される場合は、そのドレスのデザインとして重要な場合を除いて、多いケースではありません。
しかしウェディングドレスを高く買取してもらいたいなら、こうしたドレスの付属品も丁寧に保管しておくべきです。もちろん付属品の破損や、汚れやシワ、変色が著しいという場合には対象とならないこともありますので、ドレスと同様にその保管には注意が必要になります。

ウェディングドレスのデザインの流行廃りは変化しているため時期に合わせて

どんなファッションにも流行があります。それはウェディングドレスの業界においても同じです。特にドレスというのは、経済にも影響を受けるといわれているほどその流行は繊細です。ですが、流行廃りはローテーションのように巡り巡っています。
かつて人気のあったドレスのシルエットが、数年後また人気を集めるということは珍しくありません。つまりお手持ちのウェディングドレスを高額で買取してもらいたいと思っているのなら、今のドレスの人気シルエットを把握して、ご自身のシルエットと見比べてみるというのも一つの方法です。
今、人気のあるうちに査定に出しておけば、高額での買取も望むことができますし、時機を逃したシルエットなら、また人気の出る頃合いまで大切に保管しておくという方法もあります。いずれにしても保管状態は金額に大きな差が生じることを忘れてはいけません。

まとめ

ウェディングドレスは思い出が詰まった大切なものだけど、ずっと残しておいても使い勝手がない、保管場所に困っているなどといったお悩みを持っているのなら、新しく使ってもらえる人の手に渡すという方法を選択するのも良いでしょう。
ドレスとしての利用価値を考えれば、その方が良いといえるかもしれません。問題はそのドレスの状態にあります。もしご自宅にお悩みなっているドレスがあるのなら、一度確認してみることをオススメします。手を打つなら早い方が宜しいでしょう。