• >
  • ウェディングドレスの試着次第で結婚式の成功は決まってしまう?!
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスの試着次第で結婚式の成功は決まってしまう?!

例えばウェディングというと、素敵なドレスを連想する方が多いでしょう。でもこの素敵なドレスって、どんな時に感じるでしょうか。やはりその花嫁さんの雰囲気や体格、顔色などに似合ったウェディングドレスを着こなしているというのは重要なポイントになります。自分に似合うドレスを選ぶとき、とても大切なことは事前にしっかり試着でチェックしておくことです。では試着の際のチェックポイントにはどんなものがあるのか、結婚式で素敵に魅せるための事前チェックポイントをご紹介します。

家族やパートナーなどウェディングドレスの試着は誰と行くべきなのか

ウェディングドレスを試着するとき、誰と一緒に行くのか、巷の調査を調べるとパートナー若しくは新婦の家族と一緒にと回答される件数が圧倒的です。しかし、ここで気を付けなくてはならないポイントがあります。
例えば家族と一緒に行った場合、特に母親は「自分が着てみたかったドレス」や「娘若しくは嫁にこんなドレスを着てもらいたい」など、自分の感情を最優先にしてしまうケースが多々あります。更にパートナーと一緒に行く場合でも、相手が試着自体に飽きてしまうなんてケースもあり得ます。
せっかく自分に相性の良いウェディングドレスを選びに行っているのに、違うことで神経を割かなくてはならなくなり、結婚式で似合うドレスを選んでいるなんて状態には至れなくなってしまうおそれもあるのです。結婚式には素敵なドレス姿で祝福されたいと思っているのなら、一緒に行く相手を選びにも気を付けなくてはならないのです。

結婚式で着用するドレス下のアンダーウェアーは試着時にも必要です

結婚式の出席者から憧れられるウェディングドレスと言えば、やはりそのシルエットが美しいことではないでしょうか。ドレスのシルエットはラインがキレイに見えるよう作られているので、着る際にも注意が必要になります。ドレスを着る場合、コルセットやペチコートなどのアンダーウェアーが、大変大きな役割を果たしてきます。
ですから、ウェディングドレスを試着する場合にも、このアンダーウェアーが必要なのです。出席者からどんな風にシルエットが見えているのか、事前にチェックするためには試着の段階から持参して着用しておくべきです。
ドレスのシルエットに、着用者の身体のラインを合わせなくてはなりません。その方が当日式場においてもドレスのラインがより映えます。だからこそ試着の時にどう見えるのか確認するために、アンダーウェアーは必須となってきます。

会場とドレスの相性はしっかりチェックしておこう

結婚式とウェディングドレスの相性もしっかりと確認しておきましょう。式場はどんな場所で行うのかということはもちろんですが、どのような装飾でライトアップはどの程度のものなのか、把握しておく必要があります。
ウェディングドレスはスワロフスキーやスパンコールなど、照明が当たることでより印象深く輝けるような装飾が施されているものも多くあります。式場のライトアップがどの程度なのかに合わせてドレスを選ぶと、そのライトの効果もプラスに使うことができます。
また、例えばこじんまりとした会場にド派手なウェディングドレスを着用していたら、ちょっと場違い感がありますね。このようにドレスと式場とのサイズを間違えると、失笑されかねないような大失敗に至ってしまうおそれもあります。試着の際はどんな式場で行うのか、試着の際にはこの点も相談して選ぶのが賢いドレス選びの方法と言えます。

まとめ

結婚式を成功させるためには、ウェディングドレスの試着はもちろん、事前にしっかりとチェックし、出席者には自分たちがどう映っているのか冷静な目で確認するという作業が必要です。
自分の結婚式というのは、緊張感はもちろんですが高揚感もあり、本来の冷静な判断能力が鈍りがちでもあります。そのような気分が高揚している最中なら良いですが、数年後に自分たちの結婚式が恥ずかしくて見返したくない、なんてことにならないためにもしっかりと厳しい目でチェックしましょう。