• >
  • ウェディングドレスは普通にクリーニングに出してしまっていいの?
       

ウェディング関連コラム

ウェディングドレスは普通にクリーニングに出してしまっていいの?

結婚式で憧れのウェディングドレスを着ることは、いつの時代も女性の憧れではないでしょうか。レンタルドレスもありますが、せっかくの門出なら自分の気に入ったデザインのものを購入したいと思う方もいるでしょう。そして購入した自分専用のドレスは、使用後にクリーニングに出しておけば、また日の目を見ることもできます。注意するべきはクリーニングなのです。後悔しないウェディングドレスのクリーニングについてご紹介します。

購入する際にウェディングドレスの素材やメンテナンス方法はしっかりチェックしよう

結婚式の日取りなどが決まったら、次に決めることはウェディングドレスの選択となるのではないでしょうか。とくに女性の場合「こんなドレスに憧れていた」とか「芸能人が着用していた」など、着てみたいと憧れているドレスはあるものです。
ウェディングドレス選びをする場合、レンタルドレスにするのか、それとも購入するのかなど、後悔したくない思いで悩まれている方も多いでしょう。そして購入した後、ドレスは自分の思い出になり、また自分の子供などへ語り継げる財産にもできます。問題はドレスを美しいままに保存できるかということです。
使用後のメンテナンスは大変重要ですが、そのメンテナンスのためには、購入時に素材やメンテナンス方法をしっかり確認しておくことが重要です。購入時は気もそぞろになりがちですが、後悔しないためには忘れてはいけないポイントなのです。

汚れの箇所や状態を事前に確認した上で後悔しないようクリーニング予算を見積もる

ウェディングドレスの使用後は丁寧に扱っていても、必ずシミや汚れが付着しているものです。例えばスカート裾の辺りの汚れは気になるところですが、実は胸の辺りや袖、首元に汗ジミがついていることもあります。後悔しないためには、クリーニング前にウェディングドレスをしっかり細かくチェックして、どこにどんな汚れやしみがついているのか自分自身で把握しておくことも大切です。
クリーニングには普通に出すことも可能ですが、大抵のクリーニング店では受付の段階で、依頼者と共に汚れやシミの位置を確認することが多いです。この時に万が一汚れやシミを見逃してしまうとそのまま洗浄され、場合によっては汚れが残ったまま返却されるということがあり得ます。
そのためにもセルフチェックは重要になります。日にちが経った汚れは更に落ちづらくなります。また落ちづらいシミの洗浄には別途料金がかかる場合があり、洗浄後に追加料金が発生してしまうこともあります。後悔しないため、事前のチェックは欠かせません。

ドレスはクリーニング後のことを考慮してクリーニングオプション選びは慎重に

ウェディングドレスのクリーニングに関して、ほかの衣類のクリーニングよりも、もう一つ慎重に選ぶべきオプションがあります。ウェディングドレスは、クリーニング後の保管方法も気を付けていないと、シワや変色などが発生するおそれがあり、うかつに保管していたことで後悔してしまう結果に至る場合もあるのです。
ドレスの素材にもよりますが、撥水加工などのオプションや新品同様にメンテンナンスするシルエット加工、その他保存方法にも真空パックや無酸素パック法など、そのメンテナンスには様々な手法が用いられています。素材によってどの方法が相性が良いのかという違いがありますから、クリーニングの際に相談しておくことをオススメします。
使用後数年経って取り出してみたら、あまりに廃れて後悔したなんてことが無いようにするためには、クリーニングの際のオプション選びは重要です。

まとめ

人生の華やかな門出を祝うのにふさわしいのは、花嫁さんをさらに際立たせてくれる見た目に美しいウェディングドレスでしょう。そのウェディングドレスが変色していたり、シミやシワがついていたりしたら、なんだか悲しく見えてしまいますね。
そんな後悔をしないためには、ウェディングドレスのクリーニングは大切です。思い出のドレスをいつまでも語り継ぐためには、今のメンテナンスを怠ってはいけません。しっかりメンテンナンスすれば美しさは、いつまでも続いていくでしょう。